ニュース

【Tron】ジャスティン・サン氏、トロン主催のパーティーに参加、バフェット氏とのランチは病欠

Pocket

仮想通貨トロン(TRX)のCEO、Justin Sun(ジャスティン・サン)は、著名投資家Warren Buffet(ウーレン・バフェット)氏と2019年7月25日にランチをする予定だったものの、同氏は腎臓結石のため、ランチに参加できませんでした。しかし、25日の夜にサンフランシスコで開催された、トロン主催のパーティーでインフルエンサーと短時間交流することは可能だったようです。

 

パーティーに参加する前日、サン氏はバフェット氏とのランチを「過剰宣伝」したことを世間、メディア、規制当局に対して謝罪しました。どこの規制当局は特定することはなかったが、謝罪の声明は簡体字中国語のみで投稿されていました。

 

「病気のため、今後は多少の休養をとります。宣伝行為に費やしてきたすべての努力をブロックチェーン技術の開発に戻る必要があります」と、サン氏は中国ソーシャルメディア微博への投稿の中で記載しました。

 

メインイベントであるバフェット氏とのランチは延期されたにも関わらず、ランチ後のアフターパーティーは予定通りに進めました。サン氏はバフェット氏のランチする権利をチャリティーオークションにて460万ドル(約4億9000万円相当)で落札しました。

 

トロンが、2004年創業のファイル共有プラットフォーム、BitTorrent(ビットトレント)を買収してから1周年を祝う「トロン・インフルエンサー・デイ」のために、10人のユーチューバーがサンフランシスコに招待されました。

 

延期されたランチの新しい日程はまだ発表されていません。

 

この記事の翻訳元

Too Sick for Buffett Lunch, Justin Sun Attends Tron Influencer Party in SF – CoinDesk

Pocket

関連記事