ニュース

【VISA】VISA CEO:リブラのオフィシャルパートナーではない

Pocket

大手ソーシャルメディア、Facebook(フェイスブック)の仮想通貨プロジェクトLibra(リブラ)が2019年6月に発表された際には、すでに28社のパートナーがいると述べましたが、クレジットカード大手VISAのCEO兼取締役会長、Alfred F. Kelly Jr.(アルフレッド・ F・ケリー・ジュニア)氏はそうとは言えないと述べました。

 

7月23日(火)に開かれた2019年第3四半期収支報告の中で、ケリー氏はVISAのリブラプロジェクトへの関与についての質問に答えました。

 

「VISAにとってリブラは戦略的パートナーですか?それとも、ディスラプティブな脅威を秘めた存在ですか?あなたの考えと、VISAがどの程度リブラと関与する予定なのか興味があります」という質問に対し、ケリー氏は、「事実を理解することが重要です」と答え、次のように続けていました。

 

「リブラに参加するために法的拘束力のない意向表明書(LOI)に署名しました。関心を示したのは27社だと思いますが、弊社はそのうちの1つです。つまり、どの企業もまだ正式には加盟していないのです」

 

今後、ビザがリブラに完全に参画するという決断は、「当たり前ですが、リブラ協会が必要な規制要件を全て満たすことができるかという点を含む、いくつかの要素」によって決められる、とケリー氏は述べました。

 

同氏が指摘した通り、6月中旬にリブラのホワイトペーパーが発表されて以来、世界中の規制当局がリブラの安定性やユーザーのプライバシーにもたらす影響に懸念を抱いており、フェイスブックにリブラの仕組みに関するさらなる情報を求めています。

 

ケリー氏は、リブラが「本当に初期の段階」にあり、最終決定される必要のある点がいまだに多くあると強調しました。

 

「しかし言うまでもなく、関心を示したからには、リブラ協会に付加価値をもたらし、役立つことができると本当に信じています」とケリー氏はフェイスブックに対して前向きな発言で締めくくりました。

 

この記事の翻訳元

Facebook Libra Backers Are Not Official Partners Yet, Says Visa CEO – CoinDesk

Pocket

関連記事