ニュース

【Libra】中国、リブラへの関心急上昇

Pocket

リブラ(Libra)がここ数週間世界中のニュースで大きく取り扱われる中、驚くべきことに、世界中で中国の国民が最もリブラに関心を抱いているようです。

 

中国では仮想通貨だけでなく、フェイスブック自体の使用も禁止されているが、中国のソーシャルメディア大手、微博(ウェイボー)では、「リブラ」が急上昇中の検索ワードとなっていました。

 

リブラの当初の目的は、決済手段を提供することだが、ゆくゆくはその他用途にも拡大する可能性があると述べました。

 

グーグルのデータによると、「Facebook Libra(フェイスブック リブラ)」の検索ボリュームは、2019年6月18日、リブラのホワイトペーパーを発表した頃にピークを迎えたと示していました。フェイスブック リブラの検索ボリュームにおいて、中国が第1位であることを示しています。アメリカは第14位になっております。

中国ではグーグルがブロックされているが、膨大な検索数を記録するほど多くの人々がその規制をかわしているようです。

 

また、リブラのローンチまで1年以上かかるかもしれないのにも関わらず、多くの人が「Facebook Libra price(フェイスブック リブラ 価格)」を検索しています。パキスタン、シンガポール、南アフリカで最も検索が最も多いです。

しかし全体として、リブラより、ビットコインに関心が高いようです。Google トレンドで比較すると、リブラへの関心はビットコインへの大きな関心の前ではかすみ、ほぼ平らな線で表されています。

この記事の翻訳元

Web Search Data Indicates Soaring Interest for Facebook Libra in China – CoinDesk

Pocket

関連記事