ニュース

【Libra】ビットコイン、リブラについての上院公聴会であまり触れられず

Pocket

上院銀行委員会が2019年7月16日開催した、Facebook(フェイスブック)の仮想通貨Libra(リブラ)についての公聴会の中で、仮想通貨に関する議論はほとんどありませんでした。

 

2時間に及ぶ公聴会の中で、ビットコインが言及されることはほとんどありません。議員の大半は、技術そのものよりも、誰がこの技術の活用を計画しているのか、すなわちフェイスブックに多大な懸念を抱いているようです。

 

フェイスブックのブロックチェーン担当責任者David Marcus(デビッド・マーカス)氏は、リブラプロジェクトは米国がブロックチェーン革命に取り残されることを避けるために重要だとしばしば繰り返していました。ハワイ州のシャッツ議員は、それに対し「あなたは仮想通貨全般について論じている。論点は、『米国が主導すべきか?』ではない」と述べました。

 

むしろ論点は、なぜフェイスブックなのかだと同議員は指摘しました。

 

同議員は、フェイスブックのデータプライバシーと選挙干渉スキャンダルについて言及し、「ここ数年のことを考えると、なぜ世界中のあらゆる企業の中で、『フェイスブック』がこれを行うべきなのか」と問いかけました。

 

「大きな可能性」

マーカス氏は冒頭の声明で、「我々の最初の目標は、世界中の人々、特に銀行口座を持たない人々が金融エコシステムに参加できるように、実用性と普及を実現することだ」と述べ、ビットコインや仮想通貨には全く触れませんでした。

 

政治的影響に強く、総供給量が規定されたマネーサプライというビットコインの過激な約束とは対照的に、マーカス氏は、テクノロジー企業、ベンチャーキャピタル、決済企業のコンソーシアムによって運営されるリブラには、そのような野望はないと語りました。

 

リブラ協会は、「米連邦準備制度理事会(FRB)や他の中央銀行と協力し、リブラがソブリン通貨と競合したり、金融政策に干渉したりしないようにする。金融政策は中央銀行の管轄だ」と同氏は議員らに保証しました。

 

データの共有と同意についてマーカス氏を厳しく追及しましたが、共和党のPat Toomey(パット・トゥーミー)上院議員はブロックチェーン全般に対して前向きのようでした。

 

「とてつもなく大規模な金融イノベーションになり得るものを阻むべきではない。ブロックチェーン技術には大きな可能性がある」とトゥーミー議員は述べていました。同議員は、業界の性急な過剰規制に対して警鐘を鳴らし、米規制当局は「この赤ん坊をベビーベッドに縛りつけるべきではない」と語りました。

 

この記事の翻訳元

Bitcoin Noticeably Absent From Senate Hearing on Facebook’s Libra – CoinDesk

Pocket

関連記事