仮想通貨プラス > アルトコイン > エイダ【ADA(ADA)】とは?特徴や将来性、口コミ・評判を徹底比較

エイダ【ADA(ADA)】とは?特徴や将来性、口コミ・評判を徹底比較

2018-04-02

01

Pocket

エイダ(ADA)とは?

Cardano
公式サイト:Cardano

エイダは、2017年10月に公開された仮想通貨です。通貨単位は「ADA」、最大発行枚数は450億ADAとなっています。

エイダは、Cardano(カルダノ)と呼ばれるオープンソースの分散型プラットフォームで使われるトークンです。イーサリアムのチャールズ・ホスキンソン氏が開発に携わっていたこともあり、プレセールの時点で非常に人気がありました。

エイダの特徴

大元のプロジェクトであるCardanoは、ブロックチェーン技術を使ったオンラインカジノプラットフォームです。そこでエイダ(ADA)というトークンが使用されます。

エイダではウォレットの「Daedalous」、スマートコントラクトの「Plutus」を採用しているのが特徴です。

「Daedalous」はエイダをはじめ、ビットコイン、イーサリアム、イーサリアム・クラシックの管理ができます。送金速度が早く、ゲームプラットフォームとの連携も視野に入れて開発が進められているそうです。

「Plutus」はコンプライアンスや税金といった複雑な契約も履行できるスマートコントラクトで、非常に高い性能を持っています。

エイダ【ADA(ADA)】の口コミ・評判

安心と信頼のADA(ADA)の将来に期待して

仮想通貨が世間では注目されていますが、星の数ほどあるアルトコインの中でも一際輝いて見えるのがADA(ADA)です。ADA(ADA)は日本語では「エイダ」という呼び方で有名であり、ADA(ADA)は分散型プラットフォームを利用しています。ADA(ADA)の価値が多数の人たちによって支えられており、そのため仮想通貨に付き物である流出などのリスクも分散させることができます。なので、これまでADA(ADA)になんらかの不具合や事件があったことはなく、これからもおそらくないと思われます。これからADA(ADA)の価格が上昇する可能性も高く、仮想通貨関連の掲示板でもよく話題に挙げられているアルトコインです。(男性/20代)

天才数学者の「チャールズ・ホスキンソン」氏は、「実社会における法的通貨と同等の役割・価値を実現すること!」という野望の実現のため、Cardano ADA(カルダノ エイダコイン)を立ち上げました。

天才数学者の「チャールズ・ホスキンソン」氏は、「実社会における法的通貨と同等の役割・価値を実現すること!」という野望の実現のため、Cardano ADA(カルダノ エイダコイン)を立ち上げました。ビットコインでは決して出来ると思われない、「実社会での多様な商取引や、法的規制をも想定した設計を行い、本物の法定通貨と同等の役割を果たせる存在となること!」に、天才数学者は本気で取り組んでいます。組織も、運営管理を「カルダノ財団」が行い、技術的な開発は、IOHK(Input Output Hong Kong)が担当、カルダノプラットフォームの利用をベンチャー企業に呼びかける営業を「Emurgo(エマーゴ)」が担当するという合理的な布陣ができています。今のところ、Cardano ADA(カルダノ エイダコイン)は、日本の仮想通貨取引所では、上場していないので取引ができません。しかし、Cardano ADA(カルダノ エイダコイン)は、法定通貨で行うことができることを仮想通貨でもできるようにすることを目指しています。送金や店舗の支払いはもちろん、ATM(自動現金支払機)での引き出し、デビットカードでの活用などで、普段の生活に仮想通貨が入ってくることを目標にしています。実際に,2018年内に日本国内で、自動両替が出来て現金が引き出せるATMを25台設置の予定です。現在準備中の「Cardanoデビットカード」は、ADA(カルダノ エイダコイン)の支払いが行えるようになります。「Cardanoデビットカード」を申請し取得をすると、「ダイダロスウォレット」を通じてADA(カルダノ エイダコイン)送ることができ、あなたが選んだ通貨に自動的に両替することができます。矢継ぎ早に、利便性を上げることで、日本の市場での浸透を図っています。そもそも「Cardano」は、「オンラインカジノ」のゲームを扱うプラットフォームです。世界のカジノの規模は約18兆円、オンラインカジノで約6兆円と、全体で約24兆円の規模があります。日本のパチンコは、カジノではありませんが、「23兆円!」という市場規模があります。「カジノ解禁」の声は、日毎に大きくなっています。間違いなく近い将来に日本は、「オンラインカジノ」の有望な市場になるはずです。「オンラインカジノ」というバックボーンと、天才数学者の「チャールズ・ホスキンソン」氏の高い理想の野望と、技術力のコラボレーションは、大きな可能性を秘めています。Cardano ADA(カルダノ エイダコイン)の将来は、「法的通貨と同等の役割・価値を実現する」という理想を貫く活動を続ければ、大いに期待できるのではないでしょうか?(男性/50代以降)

エイダ、及びカルダノ財団の目指す先は30億人の財布

エイダは国内の仮想通貨取引所には未上場で、現在は価格も低く推移していますが、将来性は草コインの中でも抜群でしょう。なぜなら、エイダコインを発行、運営しているカルダノ財団の将来への展望が素晴らしいからです。アフリカ各国をはじめ途上国には銀行口座を持っていない方が大勢います。カルダノ財団はスマートフォン端末、仮想通貨の普及によって彼らの生活を向上させようとしています。エイダといえば、オンラインカジノゲーム、カルダノで使用されるコインといった印象ですが、本当に途上国を中心に普及すれば世界的な知名度も上がることでしょう。これは仮想通貨全体の将来性にかかることですが、量子コンピューターが普及するとその演算能力の高さによってウォレットの鍵を破られてしまう、と言われています。しかしエイダは量子耐性も備えているといいます。これがエイダの将来性を見込んでいる理由です。(女性/30代)

将来性とまだまだ価格が安いため、今後の伸びが期待できるから

ADAはICOで60億の資金調達に成功している点を見ても世界から相当注目されている仮想通貨だと言えると思います。日本国内のATMで利用拡大が構想に入っており、デビットカードを利用して、支払いができるようになると言われています。ATMやデビットカードでしはらいが始まれば、身近な仮想通貨になると思います。他にも、セキュリティ面や信頼性、柔軟性がある点などを見ると将来的に利用しやい仮想通貨だと思います。上記の将来性と、現在は価格がまだまだやすく20円以下で取引されているので、今たくさん保有しておけば、とんでもない価格になるではという可能性を信じて購入しました。草コインはピンからキリまであって、ただ安いだけで全く将来性のないものなんかもある中では、とんでもない儲けを出す可能性のある通貨だと思っています。(男性/30代)

多くの取引所がこちらのADA(ADA)に仮想通貨を変換

ADA(ADA)は知名度こそ低いですが、その使い勝手の良さから多くの仮想通貨取引所や販売所がこちらのADA(ADA)に一部の仮想通貨を変換しているという情報が出回っております。こちらの情報のソースが明確にではないので、10%信頼できるものとは断言できませんが、ADA(ADA)の発行枚数を観察してみると、大口取引があることだけは確かに見てとれます。この観察結果からしてみると、先ほど申し上げた多くの仮想通貨取引所や販売所がこのADA(ADA)を導入し始めているというのは事実なのではないかと思われます。そうすればADA(ADA)の知名度も一気に広まると思いますし、何より多くの人がこの使い勝手の良さに気がつくはずです。(女性/20代)

Pocket

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます