ニュース

【金融庁】110社の海外取引所が日本進出に向けて準備中

Pocket

金融庁は、暗号ニュースサイトBitcoin.comに、110社の海外取引所を日本で開設するにあたっての業者登録に関する問い合わせを受けて、開設に向けた協議を行っていると述べました。

 

 

さらに、2018年に金融庁は、詐欺やKYCの不適合などを防ぐために「改善命令」を開始し、現地検査を開始しました。

 

「日本のトップクラスの取引所の中でも特に、bitFlyerは日本の規制環境の変化に基づいて改善命令を受けました」とbitFlyerの代表は述べています。同社は、金融庁の厳格な身分証明要件を満たすために働いていたため、プラットフォームへの参加を検討している国内顧客アカウントの開設を自発的に停止しました。

 

今年7月3日、bitFlyerは新規アカウントの開設を再開することを発表しました。さらに、Bitcoin.comによると、2019年の最初の6ヶ月で、金融庁は3つ新しい仮想通貨取引所の承認を与え、今、総数19社になります。

 

承認された場合、これらの取引所は、2020年4月に発効する日本の議会が新たに導入された資金決済法および金融商品取引法を遵守する必要があります。

 

これらの法律は、高価なライセンス料、データ保護などのプロトコルを導入します。

 

この記事の翻訳元

110 Crypto Exchanges Are Reportedly Trying to Get Licensed in Japan – CoinDesk

Pocket

関連記事