ニュース

【ECB】ECB専務理事、「リブラは規制当局への警告」

Pocket

欧州中央銀行(ECB)は 、Facebook(フェイスブック)とその仮想通貨プロジェクトLibra(リブラ)のような大手テック企業の金融業界参入に向けて、規制当局に対して本腰を入れて規制の制定に取り組んで欲しいと考えています。

 

ブルームバーグの報道によると、ECBのBenoit Coeure(ブノワ・クーレ)専務理事は7月7日、フランスで次のように述べました。

 

「彼らが規制の空白で金融サービス活動を発展させていくのを許すことは論外である。それはあまりにも危険だからだ。今までよりも迅速に行動する必要がある」

 

いろんなプロジェクトは多くの問題を提起し、規制当局が仕事の進め方を改善することにつながる可能性もあるため、「規制当局や公権力にとってありがたい警告だ」ともクーレ専務理事は述べました。

 

リブラプロジェクトがフェイスブックの何十億ものユーザーと相まって、米ドルのような法定通貨を脅かすのではないかと世界中の監視機関が懸念していることが連日報じられています。また、リブラが 適切に運営されなければ、マネーロンダリングに利用される可能性も懸念されています。

 

アメリカには、リブラの開発の凍結を求める議員もおり、上院、および下院の委員会が7月、同プロジェクトについて議論するための公聴会を開く予定です。

 

アメリカ以外でも、フランス、日本、シンガポールといった国の監視機関がリブラに関して懸念を表明し、同プロジェクトについてより詳しく知る必要があると述べています。

 

フランスのBruno Le Maire(ブリュノ・ルメール)経済相は以前、リブラが「ソブリン通貨となることは問題外である。そのようなことは起こり得ないし、起きてはならない」と述べました。

 

クーレ専務理事は7日(日)、仮想通貨の発展は現状の規制の脆弱性、そして銀行システムの新テクノロジー導入への怠慢を浮き彫りにすると語ったと、ブルームバーグが報じました。

 

この記事の翻訳元

Facebook’s Libra Is a ‘Wake-Up Call’ for Regulators, Says ECB Policymaker – CoinDesk

Pocket

関連記事