ニュース

【富士通】オンライン取引での本人確認技術「IDYX」を開発

Pocket

富士通研究所は4日、オンライン取引での本人確認技術「IDYX」を開発したと発表しました。

 

IDYXは、オンラインでの取引前に、相手の信用評価を数値化・視覚化し、取引相手としての適切性を判断することを可能とするサービスです。

 

「近年インターネット技術が発達し、オンライン上で顔が見えない相手との取引が増えてきている。職歴や職業資格などの個人的な資格情報を偽造している詐欺がますます広まっているため、相手の信頼度を判断できる技術は確かに必要だ。」と富士通研究所が述べていました。

 

新しいID技術は、取引の当事者を相互に評価し、過去の取引データを調べて当事者間の関係や以前に取引したことのある人との関係を分析することによって顔の見えない相手との取引に信頼度の高いサービスを提供します。

 

ブロックチェーンを用いた分散型ID(DID)上には、取引を行ったユーザーの相互評価や過去の取引といったデータが記録されます。IDYXは、DID上に構造化されたデータから、取引相手の本人情報の信用度と詐称リスクを分析し、分散型台帳に記録します。

 

富士通は、この技術により、ユーザー間の関係を視覚化するグラフィックなどの「ユーザーフレンドリーな」機能が追加され、より安全なオンラインサービスが可能になると語りました。

 

この記事の翻訳元

Fujitsu Develops Blockchain ID Tech That Scores Trustworthiness in Transactions – CoinDesk

 

Pocket

関連記事