ニュース

【LedgerX】米商品先物取引委員会がLedgerXを指定契約市場として認定

Pocket

 

これによりBakktよりも早く、LedgerX社の現物受渡し決済ビットコインの先物取引の取り扱いを開始することが可能になります。

 

インターコンチネンタル取引所の運営する仮想通貨プラットフォームBakktは、来月に現物受渡しのビットコイン先物のテストを実施すると発表し、注目を集めていました。
Bakktは現在、ニューヨーク金融サービス局の承認待ちとのことです。

 

LedgerXが指定契約市場ライセンスを申請したのは2018年11月で、米商品先物取引委員会と承認に向けて取り組んできたと述べました。

 

LedgerXは具体的な開始日は明らかにされていませんが、同社のCOOであるJuthica Chou氏は米国で初めて現物決済のビットコイン先物を提供することに強い意欲を示しているとのことです。

 

この記事の翻訳元

CFTC Approves LedgerX to Settle Futures in Real Bitcoin – CoinDesk

Pocket

関連記事