ニュース

【Walmart】ウォルマートチャイナ、Vechainのブロックチェーン使い食品の追跡を開始

Pocket

ウォルマートチャイナが25日、VeChainやPwC、中国チェーンストア経営協会(CCFA)、飲食業者などと連携して、サプライチェーンのトレーサビリティプラットフォームを創設すると発表した。食品安全の追跡に用いられるブロックチェーン技術を提供すると述べました。

 

ウォルマート中国はVeChainのブロックチェーン上に追跡プラットフォームを構築しました。23商品でスタートし、年内に追跡対象を精肉、コメ、キノコ、調理油など10カテゴリー100商品に拡大する予定です。

 

プレスリリースによると、同プラットフォームで2020年までに精肉の販売額の約50%、野菜販売額の40%、シーフード売上高の12.5%のトレースを目標としています。

 

ウォルマートチャイナの顧客は、スマートフォンで製品をスキャンすることで、追跡対象の製品の入手先や、スーパーマーケットまでのルート、製品検査レポートなどの詳細情報にアクセスできます。

 

「ウォルマートのブロックチェーン追跡システムは、小売業界で適用されるブロックチェーン技術の優れた例となり、食品の安全性と品質管理を向上させ、消費者の信頼を築くための強力な保証を提供する」とPwC中国本土と香港の戦略とイノベーションのリーダーであるElton Yeung(エルトン・ヤン)氏が述べていました。

 

ウォルマートはIBMのFoodTrust(フード・トラスト)の創設メンバーでもあり、Hyperledger Fabric(ハイパーレッジャー・ファブリック)上でも医薬品パイロットに参画しています。

 

「当社は安全で成熟したソリューションを提供することで、ブロックチェーン技術の応用を推進している。ウォルマート中国によるブロックチェーン追跡プラットフォームのローンチは、技術の商用化の上で大きな意味を持つ。今後、消費体験の透明性と安心感を高められるようにしたい」とVeChainの最高執行責任者(COO)ケビン・フォン(馮芸凱)が述べました。

 

この記事の翻訳元

Walmart China Teams with VeChain, PwC on Blockchain Food Safety Platform – CoinDesk

Pocket

関連記事