アルトコイン

【仮想通貨】Wanchain(ワンチェイン)とは?特徴やメリット・デメリットを徹底解説!

Pocket

近年、金融業界では仮想通貨やブロックチェーンといった技術、いわゆる「Fintech」にとても大きな注目が集まっています。

こういった仮想通貨やブロックチェーンを用いることで、従来大きな問題となっていた取引の改ざんなどに対する耐性を簡単に備えることが出来るようになります。また、国際的な送受金が圧倒的に簡単になることや、取引レートなどを即座に均一化できるなど、さまざまな恩恵を得られるようになるのです。

このような金融市場への進出を考えて作られた仮想通貨のひとつが、今回ご紹介する「Wanchain(ワンチェイン)」です。Wanchain(ワンチェイン)は世界中の金融市場をひとつにまとめた「デジタル銀行」となることを目的にとして作られました。

では、いったいどのようなテクノロジーでWanchain(ワンチェイン)はデジタル銀行となり得る通貨となっているのでしょうか。本記事では、Wanchain(ワンチェイン)の特徴やメリット・デメリットをご紹介します。

Wanchain(ワンチェイン)とは?

Wanchain(ワンチェイン)は上述の通り、現在の銀行システムを置き換え、インターネット上で取引情報などをすべて持てるような「デジタル銀行」とするべく開発された仮想通貨です。

Wanchain(ワンチェイン)は、2017年9月に中国で開発されました。中国も含めた世界中のほとんどの国では、まだ銀行インフラが十分に発達していない国もたくさんあります。こういった国々でも安心した取引が出来るよう、Wanchain(ワンチェイン)は開発されたのかもしれません。

さて、Wanchain(ワンチェイン)にはいくつかの大きな特徴があります。その中でも代表的なのは、「クロスチェーンプラットフォーム」「トランザクションの匿名化」「イーサリアムとの強固な連携」の3つでしょう。以下では、この3つについて簡単にご紹介します。

クロスチェーンプラットフォーム

クロスチェーンプラットフォームとは、簡単に言うと異なるブロックチェーンをつなぐための架け橋となれる機能のことです。

世の中には、ビットコインやイーサリアム、リップルなどの通貨をはじめとした数多くの仮想通貨が存在します。

しかしそれらには互換性は無く、もちろんビットコインをイーサリアムブロックチェーン上で使うことも、リップルをビットコインブロックチェーン上で使うことも出来ません。この場合、一旦仮想通貨取引所を経由しないといけないというのが一般的な認識と言ってよいでしょう。

クロスチェーンプラットフォームは、こういった「一般的な認識」を覆します。Wanchain(ワンチェイン)のブロックチェーンを経由させることで、なんと異なる通貨同士のやり取りをシームレスに(連続的に)行うことが出来るのです。

トランザクションの匿名化

通常の仮想通貨取引では、送金先・元のアドレスや、どの程度通貨を取引したかなどの情報がブロックチェーン上に記録されてしまいます。これにより、各ユーザーの取引履歴などが悪意あるユーザーから追尾されてしまうおそれがありました。

ですがWanchain(ワンチェイン)では、

  • 「リング署名」
  • 「ワンタイムアドレス」
  • 「プライベート・センド」

この3つの技術によって、トランザクション(取引)をほぼ完全に匿名で行うことが出来ます(これらの技術に関する詳細な解説は省きます)。これにより、取引が追跡されたり、資金の流れが第三者から見られてしまうことはありません。

イーサリアムとの強固な連携

Wanchain(ワンチェイン)のブロックチェーンは、イーサリアムのブロックチェーンと互換性があるように構築されています。

この性質から、イーサリアムブロックチェーン上のスマートコントラクトやDAppsなどをWanchain(ワンチェイン)のブロックチェーン上へと簡単に移行することが出来るのです。

もちろん、Wanchain(ワンチェイン)ブロックチェーン上でもスマートコントラクトやDAppsを構築することも可能。こういった性質は、金融市場でWanchain(ワンチェイン)を導入するためには非常に重要であるといえるでしょう。

Wanchain(ワンチェイン)のメリット・デメリット

Wanchain(ワンチェイン)のメリット

Wanchain(ワンチェイン)には、上述したように金融市場で使われるためのとても強固かつ匿名性の高い技術が用いられています。こういった事実は、通貨の信頼性向上という側面でとても大きく寄与していると言えるでしょう。

また、これらを背景として、今後大きくWanchain(ワンチェイン)が広まっていく可能性も十二分に期待できます。そうなればWanchain(ワンチェイン)のチャートは大幅に伸びて行くのではないでしょうか。

Wanchain(ワンチェイン)のデメリット

上述したように、世界には数えきれないほどの仮想通貨が存在します。そしてその中には、Wanchain(ワンチェイン)と同じような志を持った通貨がたくさんあるのも事実。

また、こういった通貨には、DASH、Ripple、Cosmos……などといった名だたる有名仮想通貨がたくさん存在しています。今後、この牙城をWanchain(ワンチェイン)が崩すためには、かなり大きなブレイクスルーを待つしか無いかもしれません。

おわりに

本記事では、Wanchain(ワンチェイン)の特徴やメリット・デメリットを簡単にご紹介しました。

今後10年間ほどで、金融市場ではFintechの大きな波が訪れるだろうと各方面の専門家は考えています。その中でWanchain(ワンチェイン)がどう成長していくのか、今後に期待しましょう。

Pocket

関連記事