仮想通貨の基礎知識

【仮想通貨】テクニカル分析とは?テクニカル分析のメリット・デメリット、3つの参考にすべき指標を解説

Pocket

仮想通貨取引のみならず、多くの投資でよく目にする「テクニカル分析」という言葉。「RSI」や「ストキャスティクス」「ボリンジャーバンド」などという言葉は、投資の基本を学ぶ上で必ず出てくる言葉のひとつと言っても良いでしょう。

しかし、その一方で「テクニカル分析ってどんなものなの?」「どの手法や指標を参考にしていけばいいの?」と迷ってしまうような方もきっと多いはず。そこで今回は、基礎の基礎に絞ってテクニカル分析のことを簡単にご説明しようと思います。

経済に関する知識を持っていない初心者は特に、その場のチャートの動きだけを見て取引をしてしまいがちです。そうすると、しばしばチャートの反発や急激な上昇・下降に遭って大損をしてしまうことも多いのではないでしょうか。

本記事でテクニカル分析の基礎を学んで、よりスマートな仮想通貨取引を目指しましょう!

テクニカル分析とは?

テクニカル分析とは、過去のチャートの動きを参考にして、これからどのように価格が推移するのか、チャートがどのように動いていくのかを予測する分析手法です。

テクニカル分析では、その銘柄や通貨の種類・ニュースなどをすべて排除して、数値の動きだけを追っていくのが特徴と言えるでしょう。

つまり、ビッグニュースなどによるチャートの初動を追うことは難しいですが、そのチャート変動についていき、適切な対応を行うことが可能になる手法だ、とも言い換えられます。

また、テクニカル分析にはいくつかの手法があり、その中でも手法は「トレンド系」と「オシレーター系」という2パターンに大別されます。

ここでは詳細についてはご説明しませんが、トレンド系は「相場に発生している値動きの傾向を読み取るためのもの」、オシレーター系は「現在相場が買われすぎか、売られすぎかを見るためのもの」と覚えておきましょう。

テクニカル分析のメリット

テクニカル分析では、非常にグラフィカル(視覚的)にチャートの動きを判断できる場合が多いです。つまり、まだ投資のことを理解できていない初心者~中級者の方にも比較的分かりやすい分析手法だと言えます。

また、上述したようにチャートの初動を追うことは出来ないため高い利益を一気に上げることは難しいですが、チャートの動きをきちんと把握できるため、長いスパンで考えると利益を上げやすい手法だとも言えます。

テクニカル分析のデメリット

テクニカル分析は、上述した通り過去のチャートを元に統計的分析を重ね、得られたデータを取引へと活かすものです。すなわちこれは、いわば「天気予報」と同じ程度の精度しかない、ということなのです。

また、売買を行うときのシグナルは初動から少し遅れてテクニカル分析へと反映されます。そのため、細かなチャートの動きが多い相場だと、テクニカル分析が上手く活かせない場合もありますので、注意しましょう。

主なテクニカル分析の種類

テクニカル分析には、いくつかの手法があります。以下では、その中でも特に抑えておくべき基礎的な分析手法を3つほど紹介します。

移動平均線(トレンド系)

移動平均線とは、一定期間内の価格の平均値をとって線でつなぎ、チャートに重ね合わせるものです。この「一定期間」は5日、25日、75日が有名で、それぞれ「5日移動平均線」「25日移動平均線」「75日移動平均線」などと呼ばれます。

この移動平均線を見ることで、ジグザグに変化するチャートの移行を正確に見極められるほか、その通貨がどの程度価値があると見込まれているのか、をチェックするための簡単な指標にもなります。

RSI(オシレーター系)

RSI(Relative Strength Index)とは、その銘柄や通貨が「買われすぎ」か「売られすぎ」かをチェックする指標です。

例えば、ビットコインの値段が10日間連続で上昇していったとします。そのとき、多くの投資家は「ずっと上がり続けているから、そろそろ値段が下がるだろう(=ずっと買われているから、そろそろ売られるだろう)」と当たりをつけますよね。

ですが、こう思う基準は投資家ごとに異なります。その基準を一定にして、「このレートを超えたら買われすぎ(売られすぎ)」だと決定した指標こそ、RSIなのです。

RSIの詳細な計算式は省きますが、だいたい70%を超えると「買われすぎ」と判断され、30%を下回ると「売られすぎ」と判断されることが多いようです。

ボリンジャーバンド(トレンド系)

ボリンジャーバンドは、統計学を応用して作られたトレンドの勢いを表す指標です。チャートに帯状になって表示されることが多く、この帯によって囲まれた範囲で価格が推移する可能性が高い、ということを指し示す指標となっています。

ボリンジャーバンドでは、それぞれ「スクイーズ」「エクスパンション」「バンドウォーク」の3つのパターンが重要視されます。

スクイーズは、帯の幅が狭くなっている状態のことで、スクイーズが起きているとその後に大きな値動きがある予兆だ、と言われています。

エクスパンションは、スクイーズの逆で帯の幅が広くなっている状態のことを指します。このとき、チャートには大きな動きがある(=どの程度上昇・下降するか未知数)予兆と考えられます。

そしてバンドウォークは、チャートのローソク足がボリンジャーバンドの中に沿って並ぶ状態(すなわち毎時・毎日のレベルで大幅な値動きがある状態)です。これも強いトレンドが発生しているとき起こる現象で、バンドウォークが続いている間は値動きが継続すると見て良いでしょう。

おわりに

本記事では、テクニカル分析の概要やメリット・デメリット、特に知っておくべき3つの手法についてご説明しました。

特に初心者の方にとっては、テクニカル分析は正確な取引を行うための強い味方になり得ます。ぜひテクニカル分析を使って、仮想通貨取引を楽しんでくださいね!

Pocket

関連記事