ニュース

【ビットメイン】マイニング最大手のビットメイン、アメリカでIPOを挑戦

Pocket

世界最大の仮想通貨マイニングハードウエアメーカー、Bitmain Technologiesビットメイン・テクノロジーズ)は、香港での新規株式公開(IPO)に失敗しましたが、アメリカで再挑戦するかもしれないとブルームバーグ社が報じました。

 

ブルームバーグは複数の情報提供者の話として、ビットメインが、早ければ2019年後半にアメリカでIPOをすべく、アドバイザーに相談をしていると報じました。ビットメインは今年7月、米証券取引委員会に書類を提出する予定です。

 

ビットメインは2018年9月に香港取引所(HKEX)にIPO申請しましたが、HKEXに難色を示され、申請は今年3月に期限切れを迎えてしまいました。

 

HKEXにIPO申請した際の調達目標額は30億ドル(約3230億円相当)でしたが、アメリカでのIPOでは、目標額を約3~5億ドル(約323~538億円相当)にまで引き下げるかもしれないと情報提供者の1人は述べています。

 

アメリカでのIPOの準備はまだ初期段階にあり、変更される可能性があるともブルームバーグは付け加えました。

 

この記事の翻訳元

Crypto Mining Giant Bitmain Said to Be Planning US IPO: Bloomberg – CoinDesk

Pocket

関連記事