ニュース

【ETH】イーサリアム2.0、2020年1月のローンチを検討

Pocket

イーサリアム・ブロックチェーンの大規模イテレーション「イーサリアム2.0」は、早ければ2020年1月に部分的にローンチされるかもしれません。

 

仮想通貨イーサリアム(ETH)の開発に携わるEthereum Foundation(イーサリアム財団)の研究者、Justin Drake(ジャスティン・ドレイク)氏は、2週間に1回イーサリアム2.0の開発者間で開かれている電話会議にて、イーサリアム2.0の第1イテレーション「フェーズ・ゼロ」のコード・フリーズが予定日の2019年6月30日に向けて順調に進んでいることを認めた後、2020年1月3日を部分的ローンチの予定日として挙げました。

 

「2019年末辺りを、(イーサリアム2.0の)ジェネシスブロックを作成する目標日とするのが現実的なように感じます。タイミングとしては、2020年1月3日がちょうど適しているかもしれません」とドレイク氏は会議中に述べました。

 

イーサリアム財団の研究者、Danny Ryan(ダニー・ライアン)氏は、提案された日付は最終決定されたわけではなく、このような決断は、イーサリアム2.0の更なるテストを考慮した上で下されるとCoinDeskに述べていました。

 

「実現可能ではありますが、まだ複数のクライアントが参加するテストネットを立ち上げていないことを踏まえると、クライアント対応チームは具体的な日付を断言する準備ができていません。どの開発フェーズにも、無数の不明点があるので、その都度乗り越えていくしかありません」とライアン氏はさらに強調していました。

 

安定したフェーズ・ゼロをローンチするための具体的な要件として、ドレイク氏は、イーサリアム2.0ネットワークに最低200万ETHがステークされている状態を現在の目標としていると語りました。現行するイーサリアム・ネットワークのマイナーたちと同じ役割を果たすとされる、イーサリアム2.0のバリデーターたちは、合計約5億ドル(約535億円相当)のETHをロックアップしなくてはなりません。

 

この記事の翻訳元

‘Phase Zero’ of a New Ethereum Blockchain Could Go Live Next January – CoinDesk

Pocket

関連記事