ニュース

【Alibaba】中国最大の支払い会社は独自の仮想通貨を発行しない

Pocket

米Facebook(フェイスブック)は18日、仮想通貨「Libra(リブラ)」を使用した金融サービスを2020年に開始することを発表しました。これに対し、中国のIT大手も興味こそ示したものの、独自の仮想通貨を発行する予定はないと表明しました。

 

中国の巨大IT企業Tencent(テンセント)は、ブロックチェーンを独自に開発し、事業への導入を進めている大企業の1つだが、独自の仮想通貨発行の話などは一切出ていません。

 

同社のCEOである馬化騰(マ・ホァテン)氏は19日、“規制”こそがフェイスブックの仮想通貨リブラのイニシアチブの成功の決め手となると語りました。中国版のLINEとして知られるWeChatで、馬氏は以下のように語りました。

 

「フェイスブックの技術はすでに十分に成熟しているため、実装はそこまで難しくないでしょう。全ては規制当局の承認を得られるかどうかにかかっていると言って良いでしょう。」

 

テンセント社はこの問題についてこれ以上のコメントはしておらず、同社のコイン発行についてもやはり一切言及していません。2018年3月には、仮想通貨に対する同社の姿勢について、馬氏は以下のように発言していました。

 

「ブロックチェーン技術の素晴らしさは、それがどのように使用されているかによります。ICOや仮想通貨の発行は、まだたくさんのリスクを負っています。テンセントはコインを発行せず、それに関与することは考えていません。」

 

また、中国大手のAlibaba(アリババ)の関連会社、Ant Financial(アント・フィナンシャル)のCEOであるEric Jing(エリック・ジン)氏も昨年、基礎となるブロックチェーン技術に焦点を当てながら、実質的な価値のない仮想通貨から離れることを宣言していました。フェイスブックがリブラを発表する直前にも、同社の広報担当は「我々の姿勢は変わっていない」と語っていました。

 

この記事の翻訳元

China’s Biggest Payment Firms Have No Plans to Follow Facebook into Crypto – CoinDesk

Pocket

関連記事