ニュース

【Facebook】米金融サービス委員会、フェイスブックの仮想通貨開発の一時中止を要求

Pocket

米金融サービス委員会 Maxine Waters (マクシーン・ウォーターズ) 理事長は19日(水)、フェイスブックが開発を手がける仮想通貨「リブラプロジェクト」の一時中止を要求しました。国家や国民におけるリスクを懸念し、国会や規制当局の調査が終わるまで開発を停止するよう要求しました。フェイスブック社のCEOら役員に対する公聴会の開催も併せて要求しており、今後情報の共有などが求められる運びとなりそうです。

 

今回の声明文は、同委員会に所属するPatrick McHenry (パトリック・マックヘンリー)議員が「立法者らがリブラを理解することが重要だ。まずはこのプロジェクトがどのようにグローバル金融システムを左右するかに関して、評価する必要がある」との内容を理事長に伝えたことが発端になります。

 

「フェイスブックは、独自の仮想通貨を通して、自らのビジネス独占権力をユーザーにさらにリーチしようとしている。現在、顧客や投資、安定した経済を守る規制・法律が明確でないため、規制者は仮想通貨がもたらし得るプライバシーや国家安全問題、取引リスクに対処しなくてはならない」とウォーターズ氏が述べていました。

 

この声明文に対して、フェイスブック側は立法者の質問などに答える姿勢を示したものの、計画を一時中断については言及を避けました。

 

この記事の翻訳元

Halt Libra? US Lawmakers Call for Hearings on Facebook’s Crypto – CoinDesk

Pocket

関連記事