ニュース

【Google】Google Cloud+イーサリアムのハイブリッドDApps開発が可能に

Pocket

Googleがオラクル・スマートコントラクトの開発や提供を行うChainLink(チェーンリンク)の技術を自社のBigQueryデータサービスに統合したことを発表しました。BigQueryは、ビットコインやイーサリアムなどのメジャーなパブリックチェーンデータを取り扱っており、こういったクラウドデータを利用した画期的なDAppsの開発を促すのが今回の目的となっています。

 

チェーンリンクは、スマートコントラクトがオフチェーンのデータフィード、Web API、および従来の銀行支払いに安全にアクセスするための分散型のオラクルネットワークです。大企業(SWIFT)と大手スマートコントラクト開発チームの両方に、安全性と信頼性の高いオラクルを提供します。

 

 

 

Googleは、チェーンリンク経由のBigQueryクラウドデータを活用した「ハイブリッドDApps」の例をいくつか挙げています。

 

ひとつは、Googleのデータをソースとした「予測市場(プリディクション・マーケット)」の創設です。多数のブロックチェーンプラットフォームが生存競争を行う中、BigQueryが提供するDAppsのアクティブユーザーデータなどを元にどのプラットフォームが実際に生き残るのかを予測する、などといったケースが考えられています。

 

また、同様のアイデアを応用することで、オプションコントラクトなども開発することができます。

 

さらに、トランザクションの存在を指定日まで公開しない「サブマリン送信」も、これまでは256ブロック先(約1時間)までしか指定できなかったものを、チェーンリンクのオラクルを活用してより実用的な期間まで延長することができるようになるといいます。

 

この記事の翻訳元

Smart Contract Startup Tapped By Google As Blockchain Partner – CoinDesk

Pocket

関連記事