ニュース

【ソニーミュージック】音楽の権利情報処理システムにAmazon Managed Blockchainを採用

Pocket

クラウドサービスで世界シェアNo.1のアマゾン・ウェブ・サービス(AWS) が、独自のブロックチェーンサービスでグローバル企業を魅了しています。

 

楽曲などのデジタルコンテンツは誰でも創ることができ、今では簡単にインターネット上で発表することができるようになりました。一方、クリエイターは独自のコンテンツの権利を処理する業務に忙殺され、コンテンツの生産性を下げざるを得ない現実に直面しています。

 

SMEは音楽の権利情報を素早く処理する基盤を作るために、2019年5月2日に日本で提供が開始されたばかりのAmazon Managed Blockchain(AMB)を採用することを決定しました。

 

価格優位性とシンプルさ

 

AMBはフルマネージド型のブロックチェーンサービスで、信頼できる中央機関がなくても、複数の当事者がデータを直接かつ安全に処理および所有できるサービスです。一般的なオープンソースフレームワークであるHyperledger Fabric(ハイパーレジャー・ファブリック)やEthereum(イーサリアム)を使用して、スケーラブルなブロックチェーンネットワークを簡単に作成し管理できます。

 

SMEは以前からクリエイターと音楽の権利情報をどう守るべきと考えていました。今回、SMEがAMBを採用した理由として、ソニーミュージックグループの情報システムを支援するソニー・ミュージックアクシス執行役員を務める佐藤亘宏氏は、「絶えずサービスコストを大幅に削減しながら、高度かつ最新技術を使ったサービスと充実したサポートを提供し続けてくれているからです。AMBは高いセキュリティと可用性、柔軟性を兼ね備えていること、また他社と比較した場合に安価で開発できることが採用の決め手となりました」と述べていました。

 

アマゾンウェブサービスジャパン株式会社代表取締役社長、長崎忠雄は「アマゾンウェブ サービスジャパンは、ソニー・ミュージックエンタテインメント様が音楽の権利情報処理システムにAWSを採用いただいたことで、音楽クリエイティブに革新性と柔軟性を提供できることをうれしく思います。ブロックチェーンはトランザクションの信頼性と安全性を保証することができるため、音楽の権利情報処理といった業務に適したテクノロジーだと考えます。今後、クリエイターの皆様が安心して楽曲の創作と販売ができることで、日本発グローバルで活躍できるクリエイターが増えていくことを期待しています」と述べていました。

Pocket

関連記事