ニュース

【Budweiser】バドワイザー、貧困解決に取り組むスタートアップに出資

Pocket

世界最大のビール会社でBudweiser(バドワイザー)を所有するAnheuser-Busch InBev(アンハイザー・ブッシュ・インベブ)は、ブロックチェーン技術で銀行口座を持たない労働者を支援する企業に出資しました。

 

ブロックチェーン・アズ・ア・サービス(BaaS)スタートアップのBanQu(バンキュー)の発表によると、同社はシリーズAの追加ラウンドで、アンハイザー・ブッシュ・インベブ傘下のベンチャーキャピタル、ZX Ventures(ZXベンチャーズ)から資金調達しました。

 

バンキューは、自社のブロックチェーンプラットフォームを用いて、農家のような銀行口座の保有率が低い労働者とサプライチェーンの下流にいる企業や組織を直接つなぎます。

 

バンキューは、サービスを利用するユーザーは同社が提携している銀行やモバイル・マネー・プロバイダーを通して、MTNやエアテルなどの金融サービスを利用できるようになり、結果として財政状況の見通しが改善されるとしています。バンキューは、これまでに20万人以上を支援しており、2023年までには1億人を貧困から抜け出させることを目指すと述べています。

 

アンハイザー・ブッシュ・インベブとバンキューは、過去に提携して、ザンビアの農業従事者2000人をバンキューのモバイルプラットフォームにつなげるというパイロットプロジェクトを実施しました。後に、同プロジェクトは、ウガンダ、インド、ブラジル、コスタリカなどの国に拡大されました。

 

「我々は、サービスが充実していない農村市場に身を置く何千もの農家が近代的なバンキングサービスにアクセスしやすくなるよう、協働しています。また、それと同時に弊社の2025年持続可能な目標(2025 Sustainability Goal)だけでなく、国連の持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals=SDGs)にも貢献していきます」とアンハイザー・ブッシュ・インベブの最高持続可能性・調達責任者、Tony Milikin(トニー・ミリキン)氏が述べていました。

 

今回調達した資金は、既存のオペレーションを強固にし、年内に中国およびメキシコにサービスを展開するために使用されるとバンキューは述べていました。

 

この記事の翻訳元

Budweiser Owner Invests in Blockchain Startup Working to Alleviate Poverty – CoinDesk

Pocket

関連記事