ニュース

【日本】仮想通貨取引、100億円申告漏れと指摘

Pocket

日本の税務当局は、仮想通貨ベースの利益の過少報告に対して行動を起こすことを計画しています。

 

5日(水)の朝日新聞の報道によると、東京国税局の電子商取引を担当する調査部門が昨年、都内の複数の仮想通貨交換業者(取引所)から顧客らの取引データの任意提出を受けました。同部門はデータを分析し、多額の売却益を上げたと見込まれる個人や法人をリストアップするそうです。

 

今年3月までの数年間に全国で少なくとも50人と30社が総額約100億円の申告漏れを国税当局から指摘されたことがわかりました。

 

このうち70億円以上は、親族や知人名義の口座で取引したり、実際の取引記録を残しているのに故意に売却益を少なく見せかけたりしたとして、重加算税対象の「所得隠し」と判断されました。高額・悪質なものについては脱税容疑での告発も検討しているとみられます。

 

「税逃れ」を防ぐため、取引額など一定の条件にあてはまる顧客らの氏名を民間事業者に国税側が照会できる制度が来年1月から始まります。顧客らの申告漏れ割合が高いことが見込まれるにもかかわらず、事業者が照会に応じない場合などは罰則もあります。

 

所得隠しや申告漏れは仮想通貨に対する課税率が高いからと思われます。 仮想通貨にかかる最大税率は55%です。それと比べて、株取引にかかる最大税率20%です。

 

この記事の翻訳元

Japan’s Crypto Traders May Face Closer Scrutiny Over Tax Avoidance – CoinDesk

Pocket

関連記事