ニュース

【BTC】2年ぶりの4カ月連続上昇。テクニカル分析は長期上昇トレンド継続

Pocket

ビットコイン(BTC)は2017年8月以来最長である4カ月連続の価格上昇を記録しています。

 

執筆時、欧州の大手仮想通貨取引所ビットスタンプ(Bitstamp)におけるBTCの価格は2019年5月1日の始値である5,267ドル(約57万7300円)から63%上昇し、8,670ドル(約95万円)で取引されていました。

 

著しい値上がりの後、強気相場は大抵一呼吸を置くため、月末までに健全な調整が見られる可能性はあります。

 

BTCは現在長期トレンドのバロメーターとしてよく使われる200日移動平均(MA)よりもはるかに高い価格で取り引きされています。200日移動平均は現在4,544ドル(約49万6100円)で、移動平均線は12カ月ぶりに上向き始め、強気市場です。

 

2月、3月、4月に、それぞれ11%、8%、28.6%の価格上昇を記録したBTCは4カ月目も無事に始値を上回る価格で終えられそうです。BTCの価格が4カ月連続で上昇するのは2017年8月以来です。

 

月足チャート

 

今月、BTCの価格は急上昇し、4月30日に確認された下降チャネルのブレイクアウトが実証されました。

 

5カ月移動平均も上昇しつつあり、強気相場の見通しを示唆しています。そして、価格がこのまま推移すれば、6月1日に移動平均線の上でクロスすると見られます。この強気クロスオーバーは、先月のチャネルブレイクアウトが示す長期的な強気相場の見通しを強めます。

 

そのため、BTCは現在の上昇基調を継続し、2017年12月高値から2017年12月底値への下落の38.2%フィボナッチリトレースメントに相当する、9,442ドル(約103万円相当)まで上昇するかもしれません。

 

この記事の翻訳元

Bitcoin Price Eyes Longest Monthly Winning Run Since 2017 – CoinDesk

Pocket

関連記事