ニュース

【楽天】ブロックチェーンセキュリティ会社CipherTraceと提携、取引所の安全性を確保

Pocket

楽天は29日(水)、自社仮想通貨取引所「楽天ウォレット」のアンチマネーロンダリング(AML)を強化するために、ブロックチェーンセキュリティ会社のCipherTrace(サイファートレース)と提携することを発表しました。

 

楽天ウォレットは先月から、楽天銀行口座を持っている人、あるいはすでに楽天会員IDを持っている人からアカウント登録を受け付けています。

 

「サイファートレースは楽天財布を最大限にサポートするのに必要なツールを提供できると確信しています」と楽天ウォレットのリスク管理部門責任者のキヤマ ヨシナオ氏は今回の提携に関して、述べていました。

 

先月、仮想通貨取引会社Binance(バイナンス)もサイファートレースと提携し、仮想通貨やブロックチェーンの追跡およびセキュリティ機能の開発や提供、AMLプロセスを強化しました。

 

楽天は昨年8月31日に子会社である楽天カード株式会社を通じて、仮想通貨取引所「みんなのビットコイン」株式会社の全株式を取得することを決議し、仮想通貨市場に本格参入しました。また今年3月1日には「みんなのビットコイン株式会社」の商号を「楽天ウォレット株式会社」に変更しました。

 

新しい取引所は、4月25日に金融庁から仮想通貨交換業者として登録されました。国の支払サービス法に基づき、仮想通貨両替サービスプロバイダーとして関東地方金融局に登録されています。

 

この記事の翻訳元

Rakuten Brings in Compliance Partner for New Crypto Exchange – CoinDesk

Pocket

関連記事