ニュース

【日本】G20サミットに向けて国内暗号通貨取引所の規制を強化する

Pocket

日本の金融庁(FSA)は、特にビットコインと国内の暗号通貨取引所を対象としたマネーロンダリング規制を強化することを検討しています。

 

さらに、世界的なマネーロンダリングの監視機関である金融活動作業部会(FATF)が今秋、国内のマネーロンダリングに関する国内法の見直しを行う予定です。

 

暗号通貨取引所はマネーロンダリングを防ぐためにどのような対策を講じているかを金融庁に明確に説明するよう求められています。

 

先月、Huobi Japan(フォビジャパン)とFisco(フィスコ)は、顧客保護とマネーロンダリング防止の規定を評価するために金融庁に調査されました。

 

「現場で検査をし、すべて問題ないか確認を続けます」と金融庁の関係者は本日の報告書で述べていました。

 

2017年4月に改正資金決済法を可決し、暗号通貨取引のための登録システムを初めて導入しました。

 

この記事の翻訳元

Japan Scrutinizing Crypto Exchanges Ahead of G20 Summit – CoinDesk

Pocket

関連記事