ニュース

【NYSEアーカ】NYSEアーカ取引所、ビットコイン投資信託をSECに申請

Pocket

ニューヨーク証券取引所グループ傘下のNYSEアーカ取引所は、ビットコインと米国短期国債に裏付けされた「ビットコイン(BTC)投資信託」を米証券取引委員会(SEC)に申請しました。

 

ウィルシャーフェニックスファンド(Wilshire Phoenix Funds)が組成する「The United States Bitcoin and Treasury Investment Trust」は、ビットコインと米国短期国債に投資します。

 

コインベースカストディはビットコイン投資信託のホットおよびコールドウォレットからの窃盗に対して最大2億ドル(約220億円)の保険を得たとし、保険会社格付け大手のAMベストから高い評価を得ている保険会社のシンジゲートが提供するとしています。

 

NYSEアーカの提案する投資信託は米仮想通貨資産マネジメントのビットワイズと申請しているビットコイン上場投資信託(ETF)の仕組みは異なっています。

 

ウィルシャーは今年1月に当上場投資信託の予定案を提出していました。同社の上場投資信託は、今後米証券取引委員会の連邦官報に公開されて初めて45日間の審査期間に入ります。審査に日数を要する場合は、90日から最大240日間延長される可能性があります。

 

この記事の翻訳元

NYSE Arca Seeks Rule Change to List ETF Backed by Bitcoin and T-Bills – CoinDesk

Pocket

関連記事