ニュース

【ETH財団】「イーサリアム2.0」、プラズマなどに資金を当てる

Pocket

イーサリアム財団は21日(火)、オフィシャルサイトにて今後3000万ドル(約33億円相当)の資金をイーサリアムのプロジェクトに投入すると表明しました。

 

同グループは今後のイーサリアムの開発に向けて、12ヶ月間で1,900万ドル(約20億9779万円相当)の資金が割り当てられていると述べました。

 

つまり、この資金にはスケーリングのアップグレード「イーサリアム2.0」、プラズマなどのlayer 2、その他の研究・開発などの開発に当てられます。

 

イーサリアム財団はシステム全体のアップグレード「イーサリアム 1x」などのイニシアティブを通じて、現在のイーサリアムメインネットをサポートするため、今後12か月間でさらに800万ドル(約8.8億円相当)を費やす予定です。

 

「イーサリアムは今日のプロダクションで何十億ドルもの資産を確保するために、そして何百ものライブアプリケーションのためのベースレイヤとして機能している。私たちは、「イーサリアム 1.0」が世界で、最も優勢なスマートコントラクトプラットフォームであり続けることを確実にするために、これらの努力を支持し続けることが不可欠であると信じている」同グループは述べていました。

 

最後の300万ドル(3億3000万円)が開発者の育成費用に割り当てられると説明しました。

 

この資金には開発者教育とオンボーディング、毎年開催されるイーサリアム最大のカンファレンスDevconの開催、「地域のEthereumコミュニティ組織」の支援などに向けられます。また、イーサリアム財団はこの支援が特にアジア圏内で重要であると考えています。

 

昨年、イーサリアム財団は90の異なるプロジェクトに対して合計2,700万ドル(約29億8061万円相当)の資金を支給しました。

 

この記事の翻訳元

$19 Million: Ethereum Foundation to Fund Work on 2.0 Upgrade, Plasma and More – CoinDesk

Pocket

関連記事