ニュース

【マイクロソフト】マイクロソフトがブロックチェーンに夢中になることはビットコインに良いこと

Pocket

マイクロソフトは最近、最も古く信頼されているブロックチェーンであるビットコイン(BTC)のブロックチェーン上に分散型ID・ネットワークを作ると発表しました。このネットワークは分散型ID・ファンデーションという組織が定める基準に従って作成される予定であり、マイクロソフトはビットコインブロックチェーン上でよく見られる「スループット問題」を克服することができると主張しています。

 

  • ビットコインとブロックチェーンをどのように改良できるか

 

マイクロソフトはまた、ブロックチェーンの利用によって1秒当たり「何万」件もの処理が可能になると自信を持っています。

 

「私達は安全でプライバシーを保護しながらの相互活動を可能とする各自が保有する識別子によって支えられた、各自が保有し管理する分散型のデジタルIDを誰もが持つ必要があると考えている。この各自が保有するIDは途切れなく人々の生活に統合され、彼らをデジタル世界のあらゆる行動の中心を担わなければならない」とマイクロソフトがブログ記事の中で述べました。

 

ブロックチェーンを利用したIDは人々がオンライン上のアカウントに毎回本人確認をせずにログインすることが可能です。複数のオンライン上のアカウントは何回もログインする必要があります。ブロックチェーンを利用したデジタルIDによって、ユーザーは単純に1回ログインし、その後はそのIDをオンライン上のデータにアクセスするのに利用することができ、厄介な作業を減らすことができます。

 

2017年からブロックチェーン分野でのマイクロソフトの取引は10倍に増えています。マイクロソフト幹部は最近、コーヒー大手スターバックスと提携し、同社のブロックチェーン、IoT、人工知能を担当する部門を支援すると発表しました。また、マイクロソフトは2018年にマスターカードと提携し、マイクロソフトがビットコインブロックチェーン上で取り組んでいるものと似た別のデジタルID・プラットフォームの開発を支援しています。

 

マイクロソフトのデジタルID・プロジェクトはユーザーがオンライン上のデータとアカウントにアクセスするのを非常に容易にします。多くのパスワードとログイン情報を有しているこれらのユーザーはもうログイン情報をすべて暗記する必要がなく、単純にデジタルIDを利用することができ、ログインページに直接アクセスすることができます。

 

  • ビットコインとブロックチェーンへのメリットは沢山ある

 

今回の動きは最近のビットコイン価格の上昇と時を同じく、この記事公表時点でビットコイン価格は約8000ドルで、過去約1年において最も高価格となっています。

 

マイクロソフトとの「契約」は伝統的な金融機関での利用、導入の増加を意味し、将来のビットコイン価格上昇だけでなく、その誕生からビットコインを悩ましてきた価格の変動性を和らげ、価格安定へと繋がる可能性があります。

 

この記事の翻訳元

Microsoft’s Blockchain Obsession, Including ID Push, Is Good for Bitcoin

Pocket

関連記事