NEM

アルトコイン

仮想通貨・NEM(ネム)の特徴、カタパルトやハーベスティングについての解説と将来性などの口コミ・評判

Pocket

コインチェック社の流出騒動をきっかけにNEMという仮想通貨を知った方は多いのではないでしょうか?NEMはどういう仮想通貨なのか、どういった特徴があるのかを興味を持たれた方も多いことでしょう。

そこで本記事では、NEMという仮想通貨を理解する上で知っておきたい基礎知識をまとめました。最後までお読みいただくとNEMの概要が理解できる内容になっています。

NEM(ネム)とは?

NEM公式
出典:NEM公式

NEMはいわゆるアルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)のひとつで、2015年3月31日にリリースされました。少しややこしいですが、通貨単位はXEM(ゼム)です。

NEMは「New Economy Movement」の略で、仮想通貨によって新しい経済を創出することを目的として誕生しました。コインチェック社の流出騒動でセキュリティを不安視されている方も多いと思いますが、NEMはマルチシグ機能を備えているのでセキュリティが緩いわけではありません。

NEMの特徴(マイニングの仕組み)

NEMは、ビットコインの技術を使用してさまざまな分野への応用を目指す「ビットコイン2.0」といわれる仮想通貨のひとつです。NEMの略称が「New Economy Movement(新しい経済の運動)」であることからも、高い目標を持つ仮想通貨であることが分かります。

NEMの総発行量は8,999,999,999XEMで、プロジェクト開始時に約1,600人に分配されました。ビットコインではマイニングに参加することで新規発行のコインを受け取れるというメリットがありますが、NEMのコインはすべて発行済みであるためコインの新規発行はありません。

では、NEMではどのように報酬を受け取る仕組みになっているのでしょうか?

NEMではマイニングの代替となる「ハーベスティング」という仕組みを採用しています。このハーベスティングに参加することで報酬の受け取りができるのですが、詳しい仕組みは次項の解説をお読みください。

NEMのPoIとハーベスティングの仕組み

ビットコインではブロックチェーンのコンセンサス・アルゴリズム(合意形成アルゴリズム)に「PoW(Proof of Work)」を採用していますが、NEMが使っているのは「PoI(Proof of Importance)」です。PoWとPolにはその仕組みに大きな違いがあります。

まずPoWについて説明すると、日本語では「仕事量による証明」と訳されているアルゴリズムです。ビットコインなどのP2Pで動く中央管理者のいない仮想通貨は、取引の承認をマイニング参加者=マイナー(採掘者)が行っていますが、仕事量が多いほど新規コインの発行という報酬が受けられる仕組みになっています。

取引の承認にはコンピューターによる膨大な計算が必要で、それに伴って高額な電気代もかかるため、新規コインの発行という報酬がなければ誰もマイニングには参加してくれません。PoWと並ぶ代表的なコンセンサス・アルゴリズムのひとつに「PoS(Proof of Stake)」がありますが、これはコインの保有量に応じて報酬が得られる仕組みになっています。

では、NEMが採用しているPoIはどのような仕組みなのでしょうか?

PoIは日本語で「重要度の証明」と訳されます。PolはNEMが独自に導入したコンセンサス・アルゴリズムで、NEMの根幹とも言える仕組みです。

Polではアカウントに重要度スコア(Importance Score)が割り振られ、コインの保有量や取引量、取引相手などによってスコアが算出されます。PoIはこのスコアを考慮して報酬が付与されるのですが、一定条件を満たした人をランダムに選んで報酬が与えられる仕組みになっています。

NEMにおける報酬を得る仕組みは「ハーベスティング(harvest=収穫する)」と呼ばれていて、これはPoWにおけるマイニングのようなものです。ハーベスティングをするには10,000XEM以上の「Vested balance(権限の与えられた残高)」が必要となります。
※NEMにはマイニングの概念がない代わりにハーベスティングを採用しています。

PoSではコインの保有量で報酬が付与されますが、PoIでは保有量だけでなく、取引量や取引相手など総合的なスコアで報酬が付与される点が大きな違いです。PoSは富の偏りがデメリットとして指摘されていますが、PoIではできるだけ公平に報酬を付与できるように工夫されています。

そのうえPoIは、PoWのような高性能なコンピューターでの計算は不要なので、高額な電気代がかかりません。日本は他の国と比べて電気代が高いと言われているので、電気代を気にせずにマイニング(ハーベスティング)できるのはいいですね。

ただ、NEMはプロジェクト開始時にコインが全て配布されているので、初期に参加してコインを多く保有している人が有利になる恐れがあります。

ハーベスティングでは取引量や取引相手などで総合的に報酬が付与されますし、ランダムで報酬を振り分けることで平等性を保つようにしていますが、重要度スコア(Importance Score)によって報酬が得られる確率が上がるため、富める者がさらに富むPoSの欠点を完全に解消できていないと言えるでしょう。

参照:Proof of Importance(重要度の証明) – GitBook

NEM(ネム)のカタパルトとは?

NEMは「カタパルト」というアップデートを予定しています。カタパルトはコードネームで、機能の大幅な向上を目的とした大型アップデートです。

カタパルトの実施により処理速度の向上が期待されます。カタパルト実施後のNEMは、3,000~4,000件/秒で処理が可能になる見込みです。ビットコインの処理速度が7~14件/秒ですので、100倍以上の速度で処理できることになります。

ビットコインはスケーラビリティ問題で送金遅延という課題を抱えているので、カタパルトによってNEMの処理速度が大幅に向上すれば速度の面で大幅な優位性を築くことができるでしょう。リップルの処理速度1,000~3,000件/秒と比べても上回っているので、主要な仮想通貨よりも送金処理が早くなります。

カタパルトは2017年に実施される予定でしたが、年内には実現しませんでした。2018年には実施される見込みですが、もしかしたら延期されるかもしれません。

コインチェック社のNEM流出騒動の件もありますので、カタパルトがいつ実施されるかは現在のところ不明です。

NEM(ネム)の将来性

NEMはビットコインとは異なるPoIというコンセンサス・アルゴリズムを採用しているのが大きな特徴です。マイニングではなくハーベスティングという独自の仕組みを採用することにより、ビットコインや他のアルトコインと一線を画しています。

仮想通貨で避けて通れないスケーラビリティ問題はカタパルトによって大幅に解消される見込みですので、その点を見ても将来性が高いアルトコインと言えるでしょう。

しかし、NEMはコインチェック社の流出騒動の影響が懸念されます。NEM自体が起こした騒動ではありませんが、信頼性に関わってくる問題です。

NEM.io財団は盗まれたNEMの追跡を行っていますが、ハードフォークは行わないと発表しています。コインチェック社の流出騒動がどう決着をつけるかもNEMの将来性に関わってくるでしょう。

ネムの口コミ・評判

ネムは今上がり続けていて将来性が高い仮想通貨

わたしは今までビットコインとリップルコインを主に取引をしていたのですが、わたしの上司がネムを取引していたので、詳しく聞いてみるとネムは誕生して以来、上がりつづけている仮想通貨と聞いて取引してみようと思い扱い始めました。またネムはビットコインなどとは違い、1ネムがまだ比較的安く購入できるというのが一番良い点かなと思います。まだあまり大きな上昇がなく、あまり手をつけにくいかもしれませんが、逆に言うと今が一番の買い時であると考えています。今はまだあまり注目されてはいませんが、将来性は非常にある仮想通貨だと考えています。いずれ人気が出てくれば、大きな上昇があっても全く不思議ではない、伸び代のあるコインです。(20代/男性)

これから大きく伸びる可能性のある仮想通貨

まだまだ価格が低く、将来大きく伸びる可能性がある仮想通貨なので取り引きを始めました。ハッキングによる流出で大きく価格が下がったのも、不謹慎ですが始める絶好のタイミングだと思いました。他にも似たような仮想コインはありますが、ネムは値動きがほぼビットコインと同じで、それでいて微妙に後追いな感じなので売買の判断がしやすいのが良いです。今はあまり普及しているとは言い難いですが、コミュニティがしっかり活動していて、マニア人気が高いので将来性もかなりあるのではないかと感じています。ハーベストという分配システムもありますので、取り引きでたくさん所要しておこうという気にもなりますし、他の仮想通貨が消えたとしても一定のマニア層があるので残るんじゃないかと思っています。(40代/男性)

ネムはビットコインと同じブロックチェーン技術を採用している

ネムを購入した理由は、まず日本人が開発したというところでした。しかも信頼のおけるテックビューロ社が手掛けているということや、経済、企業間などでの取引や資金調達など、聞けば聞くほどその将来性や可能性に期待を抱いてしまいます。また知り合いの投資家の方々の間でも非常に人気のある通貨で、「価格が上昇するよ。」と教えてもらってから、本当に値が急上昇したのでこれはすごいなと純粋に感じ、購入しました。もっと早く購入していた人はもっと安い価格で購入していたのでしょうから、投機という意味でも早くからこれらの情報を入手しておくことが非常に大切なことなのだと痛感しました。また何よりビットコインと同じブロックチェーン技術を改良して採用している当たりなども非常に将来性を感じずにはいられません。(40代/女性)

事故に巻き込まれて暴落したネムですが、仮想通貨としての基本性能は抜群

2018年の年頭に日本の仮想通貨交換会社から約580億円相当のネムのデータが流出した事件で大混乱がありました。その犯罪がマネーロンダリングやダークウエブとの関係が取り沙汰されたことによって、風評被害のような形で大きく値を下げたネムですが仮想通貨としての機能は非常に優秀で、ビットコイン2.0(ビットコインの新型)と言われているほどです。2018年に起こった流出事件の一番の原因を調べるとネム自体のセキュリティチェック機能は非常に高いツールを備えているのですが仮想通貨交換会社がオンライン上のネムを管理するにあたってのパスワード管理が不十分であったという理由で悪いハッカーたちに狙われて大金を盗み出されてしまった様です。言ってみれば大量の現金を簡易な鍵1つだけの戸棚にしまっていたということですから、仮想通貨自体の機能性とは全く関係のないところで起きた窃盗事件ですし今後はこのようなことが起きないように仮想通貨交換会社には万全を期した注意を払ってもらいたいものです。さて、運悪く言われのない暴落に巻き込まれてしまったネムですが投資対象としては妙味があります。本来の仮想通貨の機能ではネムは他を圧倒していて、カタパルト(処理の高速化のアップデート)や決済承認でのコミッション分配の公平化、セキュリティの堅牢さなど今後使用者の信頼を勝ち得て価格が上昇していく素養が十分にあります。今現在のネムは流出事件によって不当に低い評価を受けていますので、本来持っている機能での勝負になれば評価が高まってくると思います。(40代/男性)

単価が小さく上下差が大きいため、短期投資として価値があった。

ネムは単価が小さく、1円単位での上下差も多かったため、短期投資として稼ぐのにはうってつけの通貨でした。またそれだけではなく、アプリへ使用されたりチャリティで使われるというニュースもいくつかあり、実際に使用される見通しがあったことも取引していた理由の一つです。日本語での情報も多く、日本人も多く持っていたため、価格の上下変動に関わるニュースが日本語でリアルタイムで入って来ることも大きな利点の一つでした。価格が下がってしまいましたが、それでもコミュニティベースで再度盛り上げていく熱のある通貨だとも感じており、長期的な目で見たらまだまだ可能性を秘めているとも感じています。またPOLなどネム独自の機能や富を再分配する理念などに共感し、持ち続ける人もいるのではないでしょうか。(20代/女性)

おわりに

NEMがどういった仮想通貨であるかお分かりいただけたでしょうか?PoIとハーベスティングを知っておくだけでも随分違います。

NEMはもともと独自性の高い仮想通貨ですし、カタパルトの実施で処理速度が大幅に向上すればさらに注目度は高まることでしょう。コインチェック社の流出騒動でNEMを知った方も、これをきっかけにもっともっと興味を持っていただければと思います。

Pocket

関連記事