ニュース

【アマゾン】AWS、ブロックチェーン構築サービスの利用範囲さらに拡大へ

Pocket

アマゾン ウェブ サービス(AWS)が企業クライアント向けのマネージド・ブロックチェーンのサービスを米東部で本格的に始めました。

AT&T、Nestle(ネスレ)、Accenture(アクセンチュア)などは既に同サービスの利用を始めていると、AWSは2019年4月30日に明らかしました。

 

昨年11月に明らかにされたこのサービスは、ハイパーレジャーファブリックなどのオープンソースのフレームワークを利用して、ブロックチェーンネットワークをより簡単で経済的に構築、運営できるというものです。同サービスは今までプレビューモードのみの利用が可能でした。言い換えれば、利用を希望する企業は、登録を行い承認を得る必要がありました。

 

以前までのフェーズは終了し、同サービスの一般利用が可能になったと、AWSのチーフ・エバンジェリスト、Jeff Barr(ジェフ・バー)氏がブログで述べました。

 

「ブロックチェーンネットワークをわずか数分で作ることができます。証明を管理し、新規メンバーを招待し、ピアーノードのキャパシティをスケールさせ、トランザクション処理をより速く行うことができます」とバー氏は述べました。

イーサリアムネットワークの対応は現在準備を進めており、今年後半には完了する予定です。

 

この記事の翻訳元

Amazon Web Services Opens Blockchain Building Service Up for Wider Use – CoinDesk

Pocket

関連記事