ニュース

【サムスン】サムスンがイージーリアリアム基盤BCを開発、独自トーク発行も視野

Pocket

韓国大手メーカーのサムスン電子が独自ブロックチェーンネットワークを開発し、さらに独自トークンの発行を検討しています。

 

コインデスク韓国が23日(火)、サムスンの内部事情に精通しているという関係者を通じ、同社ワイヤレス部門の一部であるブロックチェーンタスクフォースが、イーサリアム(ETH)基盤のブロックチェーンメインネットを構築していると報じました。しかし、その作業はまだ「内部実験」段階にあるとのことです。

 

「現段階でまだ確定ではないが、プライベートブロックチェーンを考えている。将来的にはパブリックブロックチェーンとなる可能性もあるが、ハイブリッド、つまりパブリックブロックチェーンとプライベートブロックチェーンの組み合わせと考えている」と報じました。

 

ブロックチェーン開発が完了したら、サムスンは「サムスンコイン」トークンの立ち上げ開始の可能性もあると報じました。同関係者は、「サムスンコインが市場に出ることを期待しているが、方向性はまだ決まっていない」と述べていました。

 

同社が将来パブリックブロックチェーンを開発するなら、サムスンコインは、ビットコイン(BTC)やイーサリアムのように、仮想通貨取引所で上場取引される可能性があります。サムスンはまた、決済アプリ「サムスンペイ」にもブロックチェーン技術利用の可能性もあるが、まだ決まっていないと同関係者は述べています。

 

サムスンのブロックチェーンタスクフォースは、少なくとも1年の間、積極的に開発を続けており、数多くのプロジェクトに取り組んでいるとのことです。

 

同社は2カ月前に、主力商品の携帯電話であるギャラクシーS10を発表し、ブロックチェーン分野に飛躍的進歩をもたらしました。この製品には、仮想通貨のプライベートキーや、ブロックチェーン基盤のデジタル署名のサポートなどの機能があります。

 

サムスンが3月に公式に明らかにした仮想通貨ウォレットは、イーサリアム(ETH)とイーサリアム基盤のERC20トークンとの互換性はあるが、初期段階ではビットコインとの互換性はありません。

S10は、仮想通貨ゲームプラットフォームエンジンであるビューティーコミュニティ「コスメ」、仮想通貨収集プラットフォーム「クリプトキティ」、市場決済サービス「コインダック」などの分散化アプリ(DApps)もサポートしています。

 

この記事の翻訳元

TrustToken Launches AUD-Backed Stablecoin With 3 More to Follow – CoinDesk

Pocket

関連記事