トピックス

ILP(インターレジャープロトコル)とは?W3Cが標準化を進める送金技術、その概要を徹底解説!

Pocket

仮想通貨が広く用いられ始めている現在、ブロックチェーンを通じた送金などに関する技術には大きな注目が集まっています。

というのも現在仮想通貨の取引では、ビットコインに代表されるように取引情報の膨大化や大量の取引発生によって従来の通信規格では事足りなくなって来てしまっており、新たな技術革新(ブレイクスルー)が求められているのです。

そんな中、いま「ILP(インターレジャープロトコル)」と呼ばれる技術が脚光を浴びていることをご存知でしょうか。

これは仮想通貨取引など、インターネットを通じた送受金の仕組みを簡単にすべく制定されつつある仕組みで、この仕組みが広く浸透すればインターネットは大きな進歩を遂げると言えるでしょう。

本記事では、そんなILPの概要や目的、使用例などをご紹介して参ります。ILPについてをきっちり抑えて、今後の仮想通貨の流れを掴む一助にしていきましょう!

ILP(インターレジャープロトコル)とは

では、まずILP(インターレジャープロトコル)について改めてご説明して参ります。

ILPは、インターネットを通じてお金などに関する重要な情報を簡単に送受できるよう制定されたプロトコルのことを指します。プロトコルとは簡単に言うと「通信のルール」のようなもので、どのような情報を伝達するか、どういう信号を送受するのかなどをまとめたものと考えて頂ければ大丈夫です。

このILPは、2015年10月にRipple社が開発・提唱しました。Ripple社と言えばその名前の通り、時価総額ランキングでは常に上位につけている超大手通貨「リップル(XRP)」を開発した会社です。

そして現在、ILPは世界中からの評価を受けて鋭意開発が進められています。その評価は非常に高いもので、なんと世界的なインターネット規格の制定を行っているW3Cから世界標準化を進められているほど。

これにより、ILPは有名なHTTP通信やFTP通信などのような通信規格の仲間入りを果たすこととなるのです。

ILPの目的は?

では、ILPにはいったいどのような目的が込められているのでしょうか?

ILPは、さまざまな種類のある仮想通貨のブロックチェーンや、各銀行などが持っているプライベートネットワークなどを相互に繋ぐことが目的とされています。これにより、各ネットワークの垣根を取り払って円滑な取引を可能としているのです。

また、クレジットカードのネットワークなども互換することで、世界中に「価値あるネットワーク」の仕組みを広げていくことがILPの最終的な目標とされています。

現在、それぞれのネットワークの間を取り持つ仕組みは存在せず、例えば仮想通貨のブロックチェーンネットワークとクレジットカードのネットワークは当然別々に存在しています。しかしILPを導入することで、それらをあたかも1つのネットワークとして扱えるようになるのです。

さまざまな種類の仮想通貨や法定通貨が混在している中、ILPはその間を取り持ち、安全な取引を行うための基盤となり得ると言えるでしょう。

ILP(インターレジャープロトコル)の使用例

それでは次に、ILPがいったいどのような場面で使われているのかを簡単にご紹介していこうと思います。まだ策定途中のILPですが、いろいろなところで使われだしているんですよ。

Payment Request API

Payment Request API は、Google, Appleなどの名だたる超一流IT企業が共同で開発した、ブラウザ用の決済用API。この中にILPが使われていると言われています。

現在既に稼働し始めているこのAPIは、将来的にはネットショッピングなどにおける仮想通貨などの取り扱いを容易にすると言われています。残念ながら現状では仮想通貨自体が普及しきっていないためまだ使用例は見られませんが、今後に期待出来るAPIと言えるでしょう。

Apple Pay

また、上記のPayment Request API はかの有名なiOS用決済アプリ「Apple Pay」にも使われています。ここではApple社がRipple社と連携し、Payment Request APIを導入する形でILPを使用されています。

また、今後Apple PayでXRPを導入するのではという噂も一時期起こり、その際XRPの高騰が見られました。もちろん噂の真偽は分かりませんが、今後そういった公式の情報が発表された際には更なる高騰が見込まれます。

おわりに

本記事では、最先端の送金技術・ILPについてその概要や目的、使用例などをご紹介して参りました。

今後、ILPがいよいよ世界標準となった際には大きな広がりが見られると予測されます。仮想通貨が日常生活でも使用できる機会が増えるかと思うと、なんだか夢が広がりますね。

Pocket

関連記事