仮想通貨の基礎知識

【仮想通貨】放置するだけでOKな「マスターノード」とは?概要やおすすめの通貨を徹底解説!

Pocket

皆さんは「マスターノード」という言葉をご存知でしょうか? 有名な通貨のみを取引している方にはあまり縁のない言葉かもしれませんが、草コインなどのアルトコインがお好きな方には非常に親近感のある言葉かもしれません。

マスターノードとは、簡単に言ってしまうと「マイニングを一手に引き受けるコンピュータ」のことです。しかし、ビットコインなどのマイニングとは根本的に違う点もいくつかあり、なかなか一筋縄で語れるものでは無いのです。

今回はそんなマスターノードについて、その概要や特徴、メリット・デメリットをご紹介します。マスターノードをやってみたいという皆さんはもちろんのこと、初めて聞いたという方もぜひ一度目を通してみて下さい!

マスターノードとは?

では、改めてマスターノードとはいったいどのようなものなのか、詳しくご紹介していこうと思います。

ですがその前に、まずは「ノード」という言葉の意味をご説明しましょう。ノードとは、ブロックチェーンネットワーク上に存在する全ての端末のことを指す言葉。ブロックチェーンネットワークを一本の木としたとき、ノードは枝葉のような役割を持ちます。

例えばビットコインのブロックチェーンを例に挙げると、ビットコインブロックチェーンのノードにはマイニングを行うノードやネットワーク通信の仲介を行うノード、取引情報を保持しておくノードなどが存在します。

また、一般ユーザーのコンピュータも基本的にはノードの一員となっているなど、原則として仮想通貨取引を行っているコンピュータは全てノードとなっている、と言っても過言ではありません。

そして、今回ご紹介するマスターノードもこのノードの中の1つです。

ブロックチェーンの種類によっては、ビットコインのように誰でも取引の承認作業(マイニング)へ参加出来るようなものではなく、ある条件を満たさないと取引の承認が出来ないものが存在します。

そういった通貨では、マスターノードと呼ばれるノードが承認作業を一手に引き受けていることもあるのです。

マスターノードになる条件としてよくあるのは、コインの保有数が一定以上であることや他ユーザーからの投票によって選ばれることなどがあります。それぞれの通貨によって条件は変わりますので、よくチェックしてみて下さいね。

マスターノードのメリット・デメリット

では、マスターノードにはどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

マスターノードのメリット

マスターノードのメリットとして一番大きいのは、パソコンの電源を点けっぱなしにしておくだけで報酬が得られるという点です。

マスターノードを採用している通貨では、基本的にビットコインのマイニングのような大きいマシンパワーを承認作業へ必要としないことが多いです。そのため、少ない労力である程度の報酬を得ることが出来ます。

マスターノードのデメリット

マスターノードのデメリットとして挙げられるのは、何と言っても電気代と初期費用が掛かることです。

マスターノードとなるためには、上気したようにパソコンなどの端末の電気を点けっぱなしにしておくこと、そしてある程度の通貨の保有数があることが条件です。そのため、その両方を満たしておくためにはそれなりの費用が掛かってしまうのです。

おすすめの通貨

では最後に、マスターノードを作るためにオススメの通貨をご紹介しましょう。

Polis

仮想通貨Polisは、1000POLIS(日本円で約8万円)からマスターノードを作成できる通貨です。

Polisはコミュニティ間での決済用に作られた仮想通貨で、1秒以内とも呼ばれる素早い決済が可能なのが特徴です。

Polisはここ半年ほどチャートが非常に安定しており、ここ最近ではだんだんと右肩上がりの傾向を見せてきています。まだあまり日本で有名ではありませんが、今後を見据えてマスターノードを作っておいても良いかもしれません。

Dash

次にご紹介するのは、仮想通貨Dashです。こちらもおよそ1000DASHからマスターノードを作成可能ですが、なんとその額は日本円にして1400万円ほど。

Dashは匿名性へ非常に優れた通貨で、ここ最近さまざまな用途に使用されつつある有名な通貨です。

また、チャートもこの仮想通貨不況において力強く伸びつつあるなど、収益性は大きく見込めると言えるでしょう。しかしやはり初期投資が大きいため、Dashでマスターノードを作るには他の通貨である程度成功を収めてからでないと厳しいかもしれません。

Bulwark

そして最後にご紹介するのは仮想通貨Bulwarkです。こちらもコミュニティ重視型の仮想通貨で、開かれたコミュニティを前提としているプライバシーコインを謳っています。また、日本語の文献もそれなりに存在しています。

こちらのBulwarkは一度がくんと値を下げたものの、その後じわじわと上がってきている通貨です。マスターノードを作るにも5000BWK(約45万円)で足りるため、マスターノードを作るにはオススメの通貨と言えます。

おわりに

本記事では、仮想通貨におけるマスターノードの概要や特徴、メリット・デメリット、おすすめの通貨をご紹介しました。

マスターノードを作るにはある程度の初期投資が必要ですが、一度作ってしまえば一定の収入源として見込むことが出来ます。気になった方は、まずはあまり値段の張らない通貨で一度マスターノードを作ってみてはいかがでしょうか。

Pocket

関連記事