仮想通貨の基礎知識

【仮想通貨】ビットコインアドレスとは?アドレスを手に入れて仮想通貨取引を始めてみよう!

Pocket

皆さんは「ビットコインアドレス」という言葉を聞いたことがありますか? 

ビットコインアドレスとはその名の通り、ビットコインを管理するために用いるアドレスのことを指します。ですが、そもそも仮想通貨取引でアドレスはどのように使うのか、公開鍵とアドレスはどのように違うのか……など、きちんと理解できている方は意外と少ないのではないでしょうか。

本記事ではビットコインアドレスについて、その意味やウォレットとの関連、ビットコインアドレスによる取引の追跡についてご説明して参ります。ビットコインアドレスについて正しい理解を持って、仮想通貨取引をより安全に進められるようにしましょう。

ビットコインアドレスとは?

では、さっそくビットコインアドレスとはどのようなものなのかご説明して参ります。

ビットコインアドレスとは、冒頭でもお伝えした通りビットコインを管理するために用いるアドレスで、ビットコインのウォレットに紐づけされた「口座番号」のようなものと覚えておいて下さい。

ビットコインアドレスは27~34文字の英数字からなり、1または3から始まります。また、アドレスに紐づけするウォレットは銀行口座のようなものと覚えておいて下さい(これについては後述します)。ビットコインアドレスは口座番号のようなものとお伝えしたように、ビットコインの送金を行う際に必要となります。

ちなみに、基本的に上の条件を満たせばどのような文字列でもアドレスとなり得ます。が、そこからコインを引き出すためのパスワードは誰も分からないため、結局のところそこに送金したコインを引き出すことは誰も出来なくなってしまうのです。

さて、上で「パスワード」というワードが出て来ました。実はビットコインのウォレットには「公開鍵」と「秘密鍵」という2つのパスワードが存在し、ビットコインアドレスは公開鍵というものから生成されます。

公開鍵と秘密鍵の具体的な違いはここでは述べませんが、簡単に言うと公開鍵は「見られても大丈夫なパスワード」、秘密鍵は「絶対に見られてはいけないパスワード」と言い換えられます。この2つのパスワード、そしてアドレスを使うことで、ビットコインの取引は安全に行うことが出来るのです。

ウォレットとは?

では、先ほど少し出てきた「ウォレット」とはどのようなものなのか、簡単にご説明して参りましょう。

ウォレットはビットコインアドレスに紐づく、仮想の財布のようなものです。もちろん実態があるわけではなく、ブロックチェーン上の概念的なもので、先ほども言ったように「銀行口座」のようなものだと思っておいて下さい。

さて、先ほどウォレットには2種類のパスワードがあるとお伝えしましたが、ウォレットに関する暗号キーなどの情報を管理するにはいろいろな手段があります。この手段は、大きく分けて6つに分類されます。

  • インターネット上に通貨を保管するWebウォレット(ホットウォレット)
  • スマートフォン・タブレット上で保管するモバイルウォレット
  • パソコンに通貨を保存するデスクトップウォレット
  • 物理的な専用の機器を用いるハードウェアウォレット
  • 紙に暗号キーを印刷し保管するペーパーウォレット
  • 通貨の情報を人間の脳に記憶しておくブレインウォレット

このウォレットの分類は下に行けば行くほど安全なウォレットであることを表していますが、残念ながら「ブレインウォレット」なるものは未だ実用化していません。最初はデスクトップウォレット・モバイルウォレット・Webウォレットを使い分けていくのが無難と言えるでしょう。

ビットコインアドレスで取引を追跡できる?

今まで、ビットコインの取引は匿名性に優れておりアドレスは公開しておいても安全だとされていました。しかし、アメリカのLonghash社が作ったサービスを用いることでビットコインアドレスを使った取引の追跡が可能になったのです。

また、ウォレットに入った通貨がどのような経路で流通してきたものかも分析可能となり、いわばある人が持っているウォレットの中身を丸裸にしてしまうことが出来るようになったのです。

このサービスは、ビットコインの持つ匿名性という観点からは疑問が残りますが、犯罪防止などの見地からは非常に有用かもしれません。

おわりに

本記事では、ビットコインアドレスの概要やウォレットについて、そしてビットコインアドレスの匿名性と追跡について簡単にご紹介して参りました。

ビットコインアドレスのみならず、他の通貨においてもアドレス周りの話は非常に複雑ですので、気になった方は他にもいろいろと調べてみると面白いかもしれませんね。

Pocket

関連記事