アルトコイン

仮想通貨Tezos (テゾス、XTZ)とは?その特徴や今後の将来性を徹底解説!

Pocket

皆さんはTezosという仮想通貨をご存知ですか? ICO開始時から大きな注目を浴びているこの通貨は、ビットコインとイーサリアムという2つの超有名通貨から良いとこ取りをした、高性能なブロックチェーン技術を用いていることで非常に有名です。

本記事では、Tezosについてその概要や特徴、今後の将来性についてご説明していきます。正しい情報を掴んで、有利に取引を進めていきましょう!

Tezosとは?

では、まず初めにTezosとはどのような仮想通貨なのかをご説明していきます。最初に以下へ簡単な概要を表にしてまとめてみましたので、ご確認ください。

通貨名:Tezos
通貨略称・単位:XTZ
公開日:2017年7月1日
コンセンサスアルゴリズム:DPoS(Delegated Proof of Stake)
公式ウェブサイト:https://tezos.com/
公式Twitter:https://twitter.com/tezos

Tezosとは、従来ビットコインなどのブロックチェーンで問題となっていたハードフォークに左右されない仕組みを持った仮想通貨、および次世代ブロックチェーンを指します。

Tezosでは、3つのプロトコルと呼ばれる処理レイヤーをそれぞれ独立させることで、ハードフォーク前後に互換性を持たせることが可能となりました。これにより、ビットコインなどの古いブロックチェーンシステムで問題となっている通貨の分裂リスクを回避します。

さらに今後、各プロトコルへプライバシー保護を目的とした仕組みを組み込むことも検討されているのだそうです。

Tezosの特徴

では、Tezosの特徴を簡単にいくつかご説明していきます。

スマートコントラクト

Tezosでは、スマートコントラクトと呼ばれるブロックチェーン上でのプログラム処理を可能とする技術を用いています。これはイーサリアムなどに代表される技術で、Formal Verificationと呼ばれる取引・契約内容の数学的な検証技術が元となっています。

スマートコントラクトを用いることで、ブロックチェーンをあたかも一つの大きなコンピュータのように扱うことが可能となり、取引の自動化やIoTへの対応などさまざまな可能性が広がっていくのです。

コンセンサスアルゴリズム「DPoS」

Tezosでは、コンセンサスアルゴリズムと呼ばれる取引の承認アルゴリズムにDPoSと呼ばれるものを用いています。DPoSはDelegated Proof of Stakeの略で、簡単に言うとユーザーからの投票で選ばれた代表者のみが取引の承認を行う仕組みのこと。

これにより、ビットコインで採用されているPoWアルゴリズムなどに比べて省電力化が測れます。また、通常のPoSと違い、トークンを多く持っているからと言って取引の承認が出来るわけではないので、不正をしにくくなるというメリットも存在します。

ちなみに厳密な話をすると、Tezosで用いられているDPoSと他の通貨で用いられているDPoSには若干の違いがあります。その辺りの詳しい話はこちらのサイト(ただし英語)に書かれていますので、詳しく知りたい方はご覧下さい。

ハードフォークで通貨の分裂が起きない

まず初めに断っておきますが、よく他のサイトさんで言われている「Tezosにはハードフォークが存在しない!」という言説は誤りです。正確に言うと、「Tezosではハードフォークに通貨の分裂を伴わない」と言うべきでしょう。

ビットコインなどの通貨では、上記したプロトコルというものが深く絡み合ってしまっている関係で、ブロックチェーンの一部を変更したい場合全部のプログラムを変更していく(ハードフォーク)必要があります。そしてこのハードフォークに合意が得られなかった場合、通貨が分裂してしまいます。

しかし、Tezosではあらかじめブロックチェーンの仕組みとしてプロトコルを分割し、ハードフォークの際に通貨の分裂や価値の下落を防ぐ仕組みを持っているのです。これこそTezosが開発された背景であり、最大の特徴と言えるでしょう。

Tezosの将来性は?

では、最後にTezosの将来性についてご説明していきます。

Tezosは、当初200億円をICOで集めるなど周囲からの期待を大きく得た通貨でした。しかしその後、開発陣の内部対立によって開発の遅れやトークン配布の中断などが起き、投資家たちは不信感を覚えてしまいます。

しかし、この投資家たちが起こした訴訟も2018年8月に収束し、今ではメインネットも正式に運用されながら鋭意開発が進んでいます。

また、2019年4月現在では全仮想通貨中での時価総額も19位につけており、改めて期待が持てる通貨になったと言えるでしょう。

おわりに

今回はTezosについて、その概要や特徴、将来性をご説明しました。今後、さまざまな問題を孕んでいるビットコインからアルトコインへと移行するにあたって、こういったメンテナンス性に富んでいる通貨が出てきているのは非常に好ましいと言えます。

Tezosが今後どのような発展を見せていくのか、注視していきましょう。

Pocket

関連記事