ニュース

【野村ホールディングス】野村グループ仮想通貨カストディサービスは2020年に延期

Pocket

野村ホールディングス、Ledger(レジャー)社、Global Advisors(グローバルアドバイザー)社が共同設立したベンチャー企業、Komainuの仮想通貨カストディサービスの開始が2020年に先延ばしになることが、レジャー社の代表によって示唆されました。

 

「野村ホールディングスは今回のジョイントベンチャープロジェクトから撤退し、他のテクノロジー企業との提携を検討しているとの噂があるが、その噂は間違っている。」とレジャー社の代表を務めるPascal Gauthier(パスカル・ガウシヤー)氏が噂を否定しました。

 

同氏はまた、時期はいつになるかわからないが、サービス開始に向けた準備は着実に行われていることを強調しました。

 

Komainuは、日本の大手証券グループの野村ホールディングス、ハードウェアウォレットを手掛けるレジャー社、投資会社グローバルアドバイザーの3社共同で、昨年5月に設立されました。この時には野村ホールディングスも公式プレスとして、3社が仮想通貨カストディサービスの提供に向けた共同研究を始めたことを発表していました。

 

グローバルアドバイザーのJean-Marie Mognetti(ジーンマリー・モーゲッティー)氏は、この件に関して「パートナーシップはまだ続いている」と述べました。しかし、野村ホールディングスからのコメントはありませんでした。

 

この記事の翻訳元

Ledger and Nomura’s Crypto Custody Launch May Be Delayed to 2020 – CoinDesk

Pocket

関連記事