ニュース

【国際通貨基金】IMFと世界銀行、教育関連のトークンを発行

Pocket

国連傘下のIMF(国際通貨基金)と世界銀行が、今後ブロックチェーン技術や仮想通貨をより深く理解するためのプロジェクトを開始しました。

 

 

国際通貨基金によると、このプロジェクトは立法者、政策立案者、経済学者、技術の間で拡大している知識格差の解消にも役に立ちます。

 

ラーニングコインの目的はブロックチェーン技術の理解を深めることです。職員はブログや研究の資料、ビデオ、プレゼン資料などをブロックチェーン上に保管することでラーニングコインを稼げます。

 

「暗号資産と分散型技術の進化は速く、それを取り巻く情報(中立なもの、偏ったもの双方とも)も増えている」と国際通貨基金の担当者が述べていました。

 

2017年、当時の世界銀行の総裁Jim Yong Kim(ジムヨン・キム)氏は、暗号通貨については慎重だが、ブロックチェーン技術については「誰もが興奮するものだ」と述べていました。

 

この記事の翻訳元

IMF and World Bank Launch Educational Blockchain Token – CoinDesk

Pocket

関連記事