ニュース

【リップル】共同創設者が2500万ドル分のXRPをアメリカの大学に寄付

Pocket

Rippleの共同創設者兼執行委員長であるChris Larsen(クリス・ラーセン)氏、妻のLyna Lam(リナ・ラム)氏、そして非営利団体であるRippleworks(リップルワークス)は、サンフランシスコ州立大学に2500万ドル(約27.84億円相当)のXRPを寄付しました。

 

これは米国の大学への「暗号資産で行われた過去最大の寄付」であるとサンフランシスコ州立大学は5日(金)に述べました。

 

寄付された資金は「地方や世界のフィンテック・起業家エコシステムに革命を起こす」学生の創出を支援するため、同大学のビジネス学部に割り当てられます。

 

「この画期的な寄付によって、当校のビジネス学部は発展的で大きな多様性があり、業界との関わりを備えた事業革新と、起業家精神の中心地となるだろう。」とサンフランシスコ州立大学の学長、Leslie E. Wong(レスリー・ウォン)が述べていました。

 

同校のビジネス学部は今回の寄付を用いて、リップルワークス寄付講座(イノベーション・起業家精神)とラム・ラーセン寄付講座(金融技術)という2つの常設講座を新設されます。この講座は、起業家精神、商業の育成、金融技術、デジタル通貨への同大学の重点的な取り組みを支援します。

 

同大学は今回の寄付を記念し、ビジネス学部をラム・ファミリー・カレッジ・オブ・ビジネスに改名する計画も立てており、現在カリフォルニア州立大学評議会の承認待ちです。

 

同大学は、1億5000万ドル(約167億円相当)を目標額とし、これまでに1億3600万ドル(約151億円相当)を超える金額を調達した「ボールド・シンキング(大胆な発想)」という資金調達運動を通じて今回の寄付を受け取りました。この運動の責任者を務めるJohn Guma(ジョン・グマス)氏は、「この運動の進捗は予想を上回っているが、まだ目標額は超えていない」と述べました。

 

ラーセン氏は2014年、リップル創業者に与えられた多額のXRPについて議論が巻き起こる中、70億XRPを慈善活動に寄付すると約束していました。

 

この記事の翻訳元

Ripple Co-Founder Donates $25 Million in XRP to US University – CoinDesk

Pocket

関連記事