ニュース

【ブロックチェーン】ボッシュとウィーン・エナジーがブロックチェーンで発電する冷蔵庫を開発

Pocket

電動工具大手のBosch(ボッシュ)とオーストリアの電力会社Wien Energie(ウィーン・エナジー)は、消費者が電力消費を監視し制御することを可能にするブロックチェーン冷蔵庫を開発しています。

 

ウィーン・エナジーはプレスで、近い将来、家庭が安全かつ透明な方法で電力使用量を制御できると示しています。この装置は現在ウィーンで開催されているANONブロックチェーンサミットで展示されています。

 

ユーザーはスマートデバイスアプリを介して、冷蔵庫の温度を設定することができ、それによって電力消費を制御します。このアプリは、ドアが開いたままになっている場合にアラートを送信するなど、デバイスに関するフィードバックを提供したり、電力消費と二酸化炭素の排出量を確認したりすることができます。

 

デバイスで使用される1キロワット時の電力ごとに、取引がブロックチェーンネットワークで確認され、原産地証明書が提供されます。 「エネルギーが近隣の建物の太陽光発電システムから来ているのか、それとも風力発電所から来ているのかが自分で決めることができます」とウィーン・エナジーが述べました。

 

両社は「今後数カ月間に」複数の顧客にデバイスを試用してもらう予定で、約100人の住民が、ブロックチェーン技術とスマートメーターを使用し、電気料金を選択できることの需要性を調べるとのことです。

 

この記事の翻訳元

Bosch and Wien Energie Demo Blockchain-Powered Refrigerator – CoinDesk

Pocket

関連記事