ニュース

【証券取引委員会】米国でICOのための初の「ノーアクション・レター」を発行

Pocket

米国証券取引委員会(SEC)は、航空機派遣業者のTurnKey Jet、Inc.(ターンキー・ジェット)に対して、ICO中に発行されたTKJトークンは有価証券ではないと、3日(水)に発行したノーアクション・レター(法令解釈に関する照会への回答書)で示しました。

 

さらに証券取引委員会は、これからICOを予定しているプロジェクトのトークンが有価証券に該当するのかを判断する「ガイダンス」を発表しており、以下の条件に満たさないといけないと発表しています。

 

  • ICOで調達した資金が開発に利用しないこと
  • トークンを即時に利用できること
  • トークンの価格を1ドルに固定すること
  • 将来の利益ではなく、その有用性ゆえに販売されていること
  • トークンは、エアチャーターサービスのみ使用可能
  • 買い戻す必要が生じた際には、割引価格でのみ購入すること

 

ターンキー・ジェットは、パイロットなどの乗組員を含めたプライベートジェット派遣サービスを提供するスタートアップ企業です。

 

4月3日付けのこの回答書は、ターンキー・ジェットの顧問であるJames P. Curry(ジェムス・カリー)氏からの手紙への返信です。この手紙には、証券取引委員会のコーポレートファイナンス部門のJonathan A. Ingram(ジョナサン・イングラム)が署名しました。

 

おそらく最も興味深い規定はトークンが譲渡できないことです。 証券取引委員会の書簡には、「ターンキー・ジェットはトークンの取引をTKJウォレットのみに制限し、プラットフォーム外部のウォレットには取引できない」と述べています。

 

この記事の翻訳元

SEC Issues First ‘No-Action’ Letter Clearing ICO to Sell Tokens in US – CoinDesk

Pocket

関連記事