ニュース

【PayPal】ペイパル、ブロックチェーンのスタートアップに初めて投資

Pocket

米オンライン決済大手ペイパルが、ブロックチェーンのデジタルID管理スタートアップ企業Cambridge Blockchain(ケンブリッジ・ブロックチェーン)に投資したことを4月2日に発表しました。

 

 

ペイパルの出資額や、個別の出資額に関しては明かされていませんが、証券取引委員会(SEC)への書類提出にて、ケンブリッジ・ブロックチェーン社は2018年5月に受けたシリーズAの700万ドル(約7億8000万円)に続き、過去9ヵ月で350万ドル(約4億円)の資金調達を行なったことが分かりました。

 

「ケンブリッジ・ブロックチェーン社はデジタルID分野で実際にブロックチェーン技術を応用しており、PayPalのような金融機関にも適用すると目論んでいる」とペイパル広報が述べました。

 

PayPal社がブロックチェーン企業に対して行なった出資としては初めての事例となりましたが、昨年取得した仮想通貨の送金速度を向上させる特許や、12月に始めた社内向けの「トークンインセンティブプログラム」などブロックチェーン関連での活動は今までにも見受けられています。

 

この記事の翻訳元

PayPal Makes Its First-Ever Investment in a Blockchain Startup – CoinDesk

Pocket

関連記事