ニュース

【Bitcoin】カナダ固定資産税をビットコインで支払い可能に

Pocket

カナダの地方自治体は実験として、来月から財産税をビットコインで支払うことが可能となっています。

 

カナダのオンタリオ州のイニスフィル町は3月28日(木)、Coinberry(コインベリー)社が開発したCoinberry Pay(コインベリーペー)と、町が提供するウォレットを使用し、4月からビットコインによる固定資産税支払いが可能と発表しました。

 

4月から、町の約36,000人の住民が自治体のサイトで支払いオプションとしてBTCを見られるようになります。ただし、プレスによると、ETH、LTC、BCH、XRPなど他の仮想通貨についても対応をする可能性があります。

 

コインベリーの暗号通貨支払い処理ソリューションであるコインベリーペイを使用すると、住民はイニスフィルのデジタルウォレットでビットコインで税金を支払うことができます。

 

そして、コインベリーは既存の金融規制要件を厳守して資金を処理します。資金はすぐにカナダドルに変換され、イニスフィルへ転送されます。コインベリーはカナダ金融取引および報告分析センター(FINTRAC)に登録されている会社です。

 

「仮想通貨の使用率と人気が高まっていることは間違いない。今それを導入することによって、我々の自治体が競争に先駆けていることを確認できるだろう。また、我々が将来を見据えた革新的な共同体であることを知ってもらう機会になる」とイニスフィル市長であるLynn Dollin(リーン・ドリン)氏が述べました。

 

この記事の翻訳元

Canadian Municipality Set to Accept Bitcoin for Property Tax Payments – CoinDesk

Pocket

関連記事