Licecoin-アイキャッチ

アルトコイン

時価総額上位に位置づけるライトコインの特徴と将来性と口コミ・評判、可能性を秘める仮想通貨である理由

Pocket

ライトコインという名前は聞いたことあるけれど、どういう仮想通貨なのかよく分かっていない、という方は多いのではないでしょうか?投資やマイニングをするなら、ビットコインと何が違うのか、誰が開発しているのかといったことを知っておきたいですよね。

そこで本記事では、ライトコインの特徴と将来性について解説します。ライトコインは仮想通貨の時価総額上位に位置づけるほど人気が高く、かつ可能性を秘めるアルトコインですので、本記事を読んでぜひ理解を深めてください。

ライトコインのチャート



ライトコインとは?

LItecoin
出典:Litecoin公式

ライトコイン(Litecoin)は元Googleエンジニアのチャーリー・リー(Charlie Lee)氏によって開発された仮想通貨で、2011年10月7日にリリースされました。通貨単位はLTCです。

ライトコインの発行上限枚数は8,400万LTCで、ビットコインの上限倍数が2,100万枚なので4倍もの枚数が発行されることになります。

ビットコイン以外の仮想通貨を総じてアルトコインと呼びますが、ライトコインはその先駆け的な存在です。開発者のチャーリー・リー氏は、自身が開発したライトコインをこう表現しています。

「ビットコインがゴールド(金)なら、ライトコインはシルバー(銀)を目指す」

ビットコインはデジタルゴールドと呼ばれていますが、それに対してライトコインはデジタルシルバーと呼ばれています。これは上記の開発者の発言によるものでもありますし、シンボルカラーにシルバーを採用しているため、ライトコイン=銀というイメージが定着しているからでしょう。

ライトコインの特徴

ライトコインは、ビットコインの弱点を補うために開発された仮想通貨となっています。ライトコインはビットコインを基に開発されたので基本的な仕組みは同じですが、ブロック生成時間(=取引の承認時間)がビットコインの約4分の1であるのが大きな特徴です。

ビットコインは取引の承認までに約10分かかりますが、ライトコインは約2分半で済みます。取引スピードが早いため、より利便性の高い仮想通貨であると言えるでしょう。

ライトコインでは、取引データを圧縮する技術であるSegWit(Segregated Witness)をいち早く実装しています。ビットコインでは2017年8月にアクティベートされましたが、ライトコインはそれより早い2017年4月にアクティベートされました。

Segwitはビットコインが抱えるスケーラビリティ問題の解決が期待されている技術で、簡単に説明すると、取引データのうち電子署名の部分だけをトランザクションから分離することにより取引データの圧縮を実現しています。

ライトコインのマイニング方法

ライトコインはコンセンサス・アルゴリズム(合意形成)、つまり採掘方式にPoW(Proof of Work)を採用しています。アルトコインではコインの保有量に応じて採掘量が増えるPoS(Proof of Stake)を採用していることが多いですが、ライトコインの採掘方式はビットコインと同じPoWです。

PoWを採用している仮想通貨では、基本的にASICマシン(特定用途向け集積回路)でマイニングを行います。GPUでもマイニングは可能ですが、ASICマシンを使っているマイナーの方が多いことでしょう。

そのほかにクラウドマイニングを利用するという方法もあります。クラウドマイニングは、マイニングを行っている企業に利用料を払い、マイニングを代行してもらうサービスです。

クラウドマイニングならマイニングマシンの導入が不要で、マイニングのデメリットである高額な光熱費の負担も発生しません。

クラウドマイニングができるサービスはこちらの記事で詳しく解説しています。

人気のクラウドマイニングサービス4個を比較!設備投資せずに始める仮想通貨マイニング

ライトコインの半減期

マイニングに参加する上で半減期は知っておかなければならない情報です。半減期はマイニング報酬が半分になる時期のことで、価格がインフレを起こさないようにするために設定されています。

ライトコインの半減期は約4年に一度で、最初の半減期は2015年8月に迎えました。初期の通貨発行量は50LTCでしたが、1回目の半減期を迎えて半分の25LTCになっています。

では、ライトコインの今後の半減期はいつになるのでしょうか?

予定では2回目の半減期が2019年8月、3回目の半減期が2023年8月となっています。ライトコインがリリースされたが2011年10月ですので、そこから4年に一度と計算すればだいたいの半減期が把握できるでしょう。

半減期前には価格が上がることが多く、半減期を越えると下がっていく傾向があります。半減期はマイニングに参加していない方にも影響があるので、ライトコインを保有されている方、またはこれから購入しようと考えておられる方は半減期のタイミングに注意してくださいね。

ライトコインの将来性

2018年2月時点でライトコインは全仮想通貨の中で6位の価格をつけています。ビットコイン、イーサリアム、リップルといった上位の仮想通貨の価格にはまだまだ及ばないものの、世界的に人気のアルトコインであることは間違いありません。

ライトコインはビットコインの約4分の1の時間で取引ができるという大きなメリットがあるので、利便性の面で今後いろいろなサービスに導入される可能性を秘めていると言えるでしょう。

さらに、ライトコインはアトミックスワップ(取引所を介さずに取引できる仕組み)、ライトニングネットワーク(少額決済を可能にする仕組み)に成功しているという明るい材料もあります。

ライトコイン関係の大きなニュースとしては、開発者のチャーリー・リー氏が保有しているライトコインを全売却するというものがありました。氏がTwitterに投稿した説明によると、全売却したのは「利益相反を避けるためのもの」であり、ライトコインの開発を終了するわけではありません。

ライトコインはこうして開発者が誰か分かっていることは安心材料と言えますし、開発者がSNSで情報を発信しているのもビットコインとの大きな違いとも言えます。開発者のチャーリー・リー氏はTwitterでライトコインに関する情報を発信していますので、ぜひチェックしておきましょう。

ライトコインの口コミ・評判

昨年40倍以上の値上がりを見せたライトコインはビットコインよりも将来有望!

度々ビットコインと比較されることが多いライトコインだが、技術的には大きな差はなくビットコインは「ゴールド」、ライトコインは「シルバー」と表現されることもある。ただ送金スピードに関していうとライトコインに軍配が上がる。送金処理速度が4倍、発行上限枚数も4倍とビットコインに比べて送金速度が速く送金手数料が安いメリットがある。また2011年に誕生した仮想通貨で長い間運用されている点も信頼することのできるポイント。そのような観点から将来的にはビットコインを凌駕することも考えられるコインであるライトコインが現在の価格で円建て1万7千円(2018年2月10日現在)程の価格で売買されており、今が買い時と判断してライトコインに投資することも決めた!(20代/男性)

ライトコインはGoogle元開発者が関与している

ライトコインはあまり動かない通貨として有名です。それはなぜかといいますと、GPU依存のマイニングだからです。それは、Proof-of-Workアルゴリズムと呼ばれるシステムを利用しています。Proof-of-Workアルゴリズムは、ビットコインと同じP2P通信(分散型通信)なので、一個人が強力な主権を握るなどの行為は不可能なプロセスで成り立っています。私は、個人的にビットコインと同じP2Pシステムでの取引方法が好きなのとGoogleというネームバリューに吸い寄せられるようにコインを買いました。コインを購入してから調べたのですが、ライトコインはビットコインと同じProof-of-Work(POW)がありますでの、ハッカーによる攻撃をなかなか受けづらいという利点もあり、NEM騒動もありましたが、事件があるたびにライトコインのようなコインが認識されていき今後高値更新していくのではないでしょうか。(20代/男性)

ライトコインは、将来性がある仮想通貨になる

ライトコインは、ビットコインの問題点を改善した仮想通貨となっています。ライトコインは、送金スピードが非常に早い事・ビットコインよりも実用性に優れている・マイニング(採掘)にかかるコストがビットコインより安いなどのメリットが非常に多くあります。また、開発をしたチャーリー・リーという人物が、将来的に今よりも性能がよくなると言われており、実質アップデートのスピードも速いです。また、発祥の地である中国が75%の取引をしていると言われています。中国での取引がこれから活発になり、使用される機会が増えていけば、人口の人数も多いため徐々にでも値段が上がっていく事が期待出来ます。そのため、ライトコインは将来性が非常に高いと考える事が出来ます。(20代/男性)

ビットコインからのリスク分散として20%ほどをライトコインに交換した。

仮想通貨はビットコインは例外として、どれが生き残るかはわからないので分散は必須だと思う。決済時間が短く採掘コストが安いので実用性はビットコインよりもあると感じる。実際のサービスに採用し始めると、運用コストが安いこともあり一気に広がる可能性があり、そうなると価格もかなり上昇するので、将来性に投資するのはかなり有望だと思う。発行量が多いのも人気がありマイナーが多い証拠なので、他の仮想通貨からの流入や代替えに耐えうるので強みになる。半減期がビットコインとずれてるのでリスク分散にもなると思う。一般の人にとって仮想通貨といえばビットコインしか知らないと思うので、あとは、仮想通貨取引をやってない人にも名前が知れ渡りブランド力がついてくれば生き残れる通貨になると思う(40代/男性)

ライトコインは決済スピードが速いということや価格の変動が少なくて済む普段使いに期待するコイン

ライトコインについて詳しく知ったのは、最近でしたが、知り合いの投資家の方に購入しておいた方がいいよと進められて訳の分からないまま購入しておいたコインでした。するとやはりビットコインの価格が上昇するにつれてライトコインもどんどんと価格が上昇していきました。しかもビットコインよりも価格の変動が少なく、ビットコインが暴落してもライトコインはそれほど落差が激しくはないので安心して購入しておくことが出来るというのが正直な感想でした。しかも購入してからその詳しい可能性を理解したのですが、非常に実用性に富んだコインということで納得しました。ビットコインよりも使いやすい上に発行枚数も多いということなので、安定して普段使いに最適なコインといえるのかなという印象です。しかも決済スピードもとても早いということで、今後もとても期待しています。(40代/女性)

おわりに

ライトコインがどのような特徴を持った仮想通貨であるか、お分かりいただけたでしょうか?ビットコインの問題点である取引スピードを約4分の1にまで短縮したのは、ライトコインの最大の長所であると言えます。

日本ではビットコインほど知られていませんが、世界的に知名度が高いアルトコインです。仮想通貨投資をされる方、マイニングに参加される方はライトコイン関連のニュースはぜひチェックしておいてください。

Pocket

関連記事