ウォレット

「モバイルウォレット」で仮想通貨を管理しよう!メリット・デメリットやおすすめウォレットまとめ

Pocket

皆さんは、「モバイルウォレット」というウォレットの種類をご存知でしょうか?

まず結論から述べてしまうと、モバイルウォレットとはスマートフォンなどの携帯端末内で仮想通貨を管理するウォレットのこと。携帯端末内での管理ではありますが、原則としてウォレットはインターネット上から切り離されて管理されるため、モバイルウォレットはコールドウォレットの扱いを受けます。

では、モバイルウォレットにはどのようなメリット・デメリットがあり、どのようなウォレットがあるのでしょうか。本記事では、こういった読者様の疑問にお答えしていきます。

スマホの普及率が年々増加し、今やスマホを持っていない人のほうが珍しくなってしまっている世の中。モバイルウォレットを賢く使って、仮想通貨を手軽かつ強固に管理しましょう!

モバイルウォレットとは?

それではまず手始めに、改めてモバイルウォレットとはいったいどのようなものなのか、簡単にご紹介したいと思います。

モバイルウォレットとは、先述した通りスマートフォンなどの携帯端末を用いて仮想通貨を管理するためのウォレットのこと。基本的に、AndroidやiOSなどへとインストールするアプリの形でウォレットを作成することになります。

スマホ1つで仮想通貨の管理や送受信、場合によっては店舗での決済までをこなすことが可能なモバイルウォレットは、今後仮想通貨が世の中に浸透していくにつれて非常に重要なファクターとなることでしょう。

モバイルウォレットのメリット・デメリット

それでは、次にモバイルウォレットのメリット・デメリットを簡単にご説明します。

モバイルウォレットのメリット

まず初めに挙げられるモバイルウォレットのメリットは、ウォレットの開設や運用・管理の手軽さにあると言えるでしょう。アプリ1つをインストールし、簡単な初期設定を済ませるだけで開設出来るモバイルウォレットは、ライトな仮想通貨ユーザーへ非常に人気です。

その上、仮想通貨決済に対応している店舗などでは、対応しているモバイルウォレットを使うことで手軽に決済を終わらせることが出来ます。いちいちブラウザでウォレットを開いたり、パソコンを立ち上げる必要が無くなるのは大きなメリットではないでしょうか。

また、モバイルウォレットもコールドウォレット(オフライン上で仮想通貨を管理するウォレット)の一種であるため、仮想通貨取引所などに開設されたホットウォレット(オンライン上で仮想通貨を管理するウォレット)に比べセキュリティ的にも安心と言えます。

モバイルウォレットのデメリット

では、次にモバイルウォレットのデメリットをご紹介します。

最初に挙げるモバイルウォレットのデメリットは、他のコールドウォレットに比べてセキュリティ的にリスクを持っているということ。もちろんホットウォレットに比べれば安心ではありますが、高額な通貨を持っているときはさらに安全なハードウォレットなどで管理する方が良いでしょう。

また、やはりまだモバイルウォレットは普及しきっておらず、かつ現状では必要性も薄いため、対応している通貨やウォレットの種類が少ないのもデメリット。

さらに、スマホが故障してしまうなどしてウォレットを開けなくなってしまうと、その中の通貨が使えなくなってしまうなどの問題もあります。モバイルウォレットも、ホットウォレットと同様にあくまで一時的な通貨の保管場所として用いるのが吉かもしれませんね。

おすすめのモバイルウォレット

では最後に、オススメのモバイルウォレットをいくつかご紹介します。

Ginco

まず初めにご紹介するのは、日本発のモバイルウォレット「Ginco」。モバイルウォレットの中では対応している通貨も多く、ビットコイン・イーサリアムなどの有名通貨はバッチリ対応しています。

ただし、まだAndroid版がリリースされておらず、iPhoneやiPadでのみしか使用できないのが難点です。

Blockchain Wallet

次にご紹介するのは、こちらはイギリス発の「Blockchain Wallet」。その大きな魅力は多機能性にあり、直感的なUIと相まって全世界で人気を博しています。もちろん日本語にも対応済。

ですが、やはりイギリスの企業ですので、日本語でのサポートはあまり期待しないほうがいいかもしれません。

おわりに

今回はモバイルウォレットについて、その概要やメリット・デメリット、おすすめのモバイルウォレットをご紹介して参りました。何か参考になれば幸いです。

今やスマートフォンなどのモバイル端末が主流となり、パソコンが時代遅れとさえされてしまう時代。もちろんパソコンなどの「古き良き」端末もまだまだ現役ではありますが、こういった時代の潮流は仮想通貨業界にも押し寄せてきているようですね。

Pocket

関連記事