ウォレット

「ハードウォレット」で仮想通貨を管理しよう!メリット・デメリットやおすすめウォレットまとめ

Pocket

この記事をご覧の皆さんは、「ハードウォレット」とはどのようなウォレットかをご存知でしょうか? 直訳すると「固いウォレット」、いったい何のことか……と首をかしげている方もいらっしゃるかもしれません。

では、「ハードウェアウォレット」と言い直せば少しはピンと来るでしょうか。そう、ハードウォレットとはパソコンやスマホなどの汎用機体ではなく、仮想通貨を管理するための専用ハードウェアを用いたウォレットのことを指すのです。

本記事では、このハードウォレットの概要やメリット・デメリット、おすすめのハードウォレットをご紹介します。

ハードウォレットとは?

ではまず初めに、改めてハードウォレットとはいったいどのようなものなのか簡単にご説明したいと思います。

ハードウォレットとは「ハードウェアウォレット」の略称で、冒頭でもご説明した通り仮想通貨を管理するための専用端末を用いたウォレットのことです。分類的にはコールドウォレットの部類へと入ります。

基本的にハードウォレットはオフライン状態でデータ(主に各仮想通貨用の秘密鍵)を管理し、必要に応じてUSBなどでパソコンに接続してデータを送受します。

ハードウォレットのメリット・デメリット

それでは、ハードウォレットにはどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。以下で、ハードウォレットのメリット・デメリットを見て行きましょう。

ハードウォレットのメリット

まず挙げられるハードウォレットのメリットは、その高いセキュリティ性です。上記したようにハードウォレットはデータをオフライン上で管理するため、接続するパソコンがウイルスに感染しているなどではない限りハッキング被害に遭う可能性はありません。

また、ハードウォレットはたいてい小型(大きくてもジッポライター程度の大きさ)であるため、持ち運びも非常に便利です。出先で仮想通貨取引を行いたい方にとって、この携帯性はかなり魅力的かもしれません。

ただし、この強固なセキュリティ性もICチップを物理的に解析されてはほぼ無に帰してしまうことが分かっています。持ち運びするのにハードウォレットは非常に便利ですが、その際は落としたり失くしたりしないようきちんと管理しましょう。

ハードウォレットのデメリット

では次に、ハードウォレットのデメリットを見て行きます。ハードウォレットのデメリットとして挙げられるのは、まずハードウォレット端末がかなり高価である点でしょう。後述するハードウォレットの端末はどれも1万円は下らず、気軽に手を出すにはなかなか厳しい値段かもしれません。

また、ハードウォレットに対応していない通貨も多数あります。特に「草コイン」などと呼ばれるマイナーな通貨は対応していないことがほとんど。ハードウォレットを導入する際は、ご自分が取引している通貨に対応しているかどうかを確かめてからにしましょう。

おすすめのハードウォレット

それでは最後に、おすすめのハードウォレットを2つほどご紹介したいと思います。

Ledger Nano S

1つ目にご紹介するのは、現在ハードウォレットの中でもシェアNo.1なLedger Nano Sです。価格はおよそ1万円程度で、フランスのLedger社から発売されています(日本には公式代理店がいくつか存在します)。

Ledger Nano Sの利点は、対応通貨の多さにあるでしょう。2019年3月時点で30種類の通貨に対応しており、今後のアップデートでも対応通貨は増えていく見込み。

ただし、1つのLedger Nano Sでは最大で10個程度の通貨しか管理できないことに注意しましょう。それよりも多い種類の通貨を保管したい場合は後述するTrezorを購入するか複数のハードウォレットを購入する必要があります。

Trezor

次にご紹介するのは、チェコのSatoshiLabs社から発売されているTrezorです。こちらも日本の正規代理店が存在しており、およそ15,000円程度で購入が可能。

こちらはリップルに非対応であるなど対応している通貨は少ないものの、複数の銘柄を一括で管理しておくことが可能です。また、Ledger Nano Sでは管理用のアプリケーションをインストールするなどしなければならないのに対し、こちらはそれが不要な点も特筆すべきポイントでしょう。

おわりに

今回は、ハードウォレットについてその概要やメリット・デメリット、おすすめのハードウォレットをご説明して参りました。

ハードウォレットの利点は、やはりその堅牢性にあります。コインチェック事件や北朝鮮による仮想通貨ハッキングなど、仮想通貨のセキュリティ性が非常に大きな問題となっている昨今。「自分はそこまで高額な通貨を持っていないから大丈夫」ではなく、少額であっても出来る限りの備えはしておいて損はないでしょう。

Pocket

関連記事