ウォレット

「コールドウォレット」で仮想通貨を管理しよう!メリット・デメリットやおすすめウォレットまとめ

Pocket

皆さんは「コールドウォレット」というウォレットの種類を聞いたことがありますか? かなり有名なウォレットの分類分けですので、きちんとした意味を知らない方でも小耳にはさんだことのある方は多いのではないでしょうか。

コールドウォレットは、簡単に言ってしまうと「オフライン上に仮想通貨を保存するウォレット」のこと。コインチェック事件などで仮想通貨へのセキュリティ意識が高まっている昨今、コールドウォレットによる通貨管理は非常に重要なものとされています。

本記事では、このコールドウォレットについて概要やメリット・デメリット、おすすめのコールドウォレットをご紹介します。

コールドウォレットとは?

では初めに、コールドウォレットとはいったいどのようなものなのかを改めて簡単にご説明します。

コールドウォレットとは、上記した通り「仮想通貨をオフラインで管理するウォレット」の全般を指します。有名なものとしてはLedger Nano Sなどのハードウォレット、各通貨向けのデスクトップウォレットなどが挙げられるでしょう。

ちなみに、直訳すると「冷たい財布」であるコールドウォレットの反対語として、「暖かい財布」と訳せる「ホットウォレット」というものもあります。これはコールドウォレットとは反対に、オンライン上で通貨を管理するウォレットという意味を持ちます。

コールドウォレットのメリット・デメリット

では、このコールドウォレットにはどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。以下ではコールドウォレットのメリット・デメリットをチェックしていきます。

コールドウォレットのメリット

一番に挙げられるコールドウォレットのメリットは、なんと言ってもそのセキュリティ性の高さと言えるでしょう。

オンライン上で通貨を管理するホットウォレットでは、いつハッキング被害に遭い通貨を盗難されてしまうか分かりません。仮想通貨取引所などのホットウォレットに通貨を預けっぱなしにせず、通貨をコールドウォレットに仕舞っておけば被害に遭う可能性は格段に下がります。

イメージとしては、お店のレジ(=ホットウォレット)と金庫(=コールドウォレット)を想像してみると分かりやすいかもしれません。

商品の売買(=取引)を行う上ではレジにお金を入れておくと便利ですが、大金をレジに入れておいてはいつ盗まれてしまうか分かりませんよね。ですから、適正なタイミングで金庫へとお金をしまっておく必要があるのです。

コールドウォレットのデメリット

しかし、もちろんコールドウォレットにもいくつかのデメリットは存在します。その最たるものとして挙げられるのが、入出金のしにくさでしょう。

コールドウォレットに仕舞っておいた通貨を取引に使うためには、一度コールドウォレットからホットウォレットへと通貨を移送しなくてはなりません。このときにかかる手間や時間によって、取引のタイミングを逃してしまう可能性もあるのです。

また、特にハードウォレットやペーパーウォレットなどでは、ウォレットの紛失や劣化の可能性も出て来ます。これらを紛失したりしてしまうと、もうその中に入っていた通貨は二度と引き出せなくなってしまいます。

おすすめのコールドウォレット

次に、おすすめのコールドウォレットをいくつかご紹介します。

Ledger Nano S

最初にご紹介するのは、ハードウォレット(仮想通貨保管専用のハードウェアによるウォレット)の中でも最も人気が高いLedger Nano Sです。

Ledger Nano Sの特徴は、その圧倒的なコストパフォーマンスにあります。1万円程度で購入できるこのLedger Nano Sは、なんと1機で4~5種類の通貨をまとめて管理しておくことが出来るのです。

また、対応している通貨も非常に豊富。セキュリティ性もばっちり担保されています。詳しくは以下の公式代理店HPをご覧下さい。

公式代理店HP: https://hardwarewallet-japan.com/

WalletGenerator.net

次にご紹介するのは、コールドウォレットの中でも随一のセキュリティ性を誇るペーパーウォレット(紙に暗号化したデータを打ち出しておく仕組みのウォレット)、WalletGenerator.netです。

WalletGenerator.netでは、ビットコインなどを含む100種類以上の仮想通貨へ対応したウォレットを作成することが出来ます。しかし、残念ながらリップルやイーサリアムなどには非対応。

その引き出しの煩雑さなどからペーパーウォレットを普段使いすることはなかなか難しいですが、一度試してみても楽しいかもしれませんね。

公式HP: https://walletgenerator.net/

Ginco

そして最後にご紹介するのは、スマホ上で仮想通貨を管理できるソフトウェアウォレット(オフラインのソフトウェア上で仮想通貨を管理するウォレット)、Gincoです。

Gincoは日本発の企業によって運営されているため、サポートへの安心度は他のソフトウェアウォレットよりも圧倒的に高いと言えるでしょう。また、直感的で分かりやすいUIも特徴です。

未だAndroidには対応していませんが、iOSユーザーの皆さんにはぜひ一度試して頂きたいコールドウォレットの1つです。

公式HP: https://ginco.io/

おわりに

今回はコールドウォレットについて、その特徴やおすすめのウォレットなどをご紹介して参りました。

仮想通貨が普及して来たと同時に、それを狙っているハッカーも日々増え続けています。取引の際にすぐ通貨を使えるホットウォレットの利便性は魅力的ですが、コールドウォレットも賢く使うことでより取引に安心が生まれますよ。

Pocket

関連記事