ニュース

【日本】暗号通貨取引に関する規定がより厳しくなる

Pocket

来年2020年から、日本はより厳格な暗号通貨取引法規を導入します。

 

19日(火)の日本経済新聞の報道によると、仮想通貨に関連する改正法案「情報通信技術の進展に伴う、金融取引の多様化に対応するための資金決済に関する法律等の一部を改正する法律案」が通常国会に提出され、日本政府が資金決済法と金融商品取引法における改正案を閣議決定したことも踏まえて行われました。

 

新しい登録制度は、2017年4月から施行されている資金決済に関する法律に従って、暗号通貨取引所の免許の取得が必須になってきます。

 

日本仮想通貨交換業協会の報告によると、2018年12月だけ日本の仮想通貨の信用取引は約8.42兆円で、仮想通貨と現金との両替(7774億円)の約11倍です。

 

今年1月、金融庁は金融商品取引法の下で、現金ではなく暗号通貨で資金を募る未登録の投資会社を摘発すると検討していると述べました。

 

この記事の翻訳元

Japan to Tighten Rules on Cryptocurrency Margin Trading – CoinDesk

Pocket

関連記事