ニュース

【ビットコイン】取引高が1年ぶりに110億ドルを突破

Pocket

暗号通貨ビットコイン15日(金)の1日の取引高は110億ドル(約1.2兆円相当)を超え、この取引高は昨年の4月25日となりました。

 

当時、ビットコインの平均価格は8,845ドル(約100万円相当)でしたが、CoinMarketCapによると15日(金)は3,951ドル(約44万円相当)で取引されています。しかし、投資家は悪い市場状態にもかかわらずビットコインに関心を失っていないようです。

 

以下の表でも示しているように、取引量との乖離はビットコインだけでなく、世界4位のライトコイン(LTC)も同じようなことが起こっています。

ビットコイン取引量

ライトコイン取引量

Coinmarketcapのデータによると、ビットコインの価格が11月10日に3,000ドルに急上昇する直前の価格は6,385ドル(約71万円相当)で、1日の取引高は37億ドル(約4116億円相当)でした。

 

しかし、今日では、ビットコインの価格は11月の約半分になっていますが、その取引量は110億ドル(約1.2兆円相当)をわずかに上回っています。これは11月10日の取引量よりも200%多くなっています。

 

Coinmarketcapのデータによると、取引高が一番多い時は2018年1月5日で、ビットコインの価格が17429.50ドル(約194万円相当)だったのとき、1日の取引高は238.4億ドル(約2.6兆円相当)だったことがさらに明らかになりました。

 

この記事の翻訳元

4 Crypto Assets Break Above Key Moving Average, Leaving Bitcoin Behind – CoinDesk

 

 

Pocket

関連記事