ニュース

【コインベース】初めてコールドストレージから直接 OTC取引を完了

Pocket

13日(水)、米国の仮想通貨取引所コインベースが展開している機関投資家向けデジタル資産保管サービス「コインベール・カストディ」が、コールドウォレットを介した初の店頭取引(OTC)業務を先週完了しました。コインベース・カストディが同社OTCトレーディングデスクと統合されていたことが明らかにしました。

 

買い手と売り手が直接取引をするOTC取引は顧客の(オフラインの)資金に手軽かつ即時の流動性を提供するとされており、カストディサービスを利用中の顧客の場合、短時間で自分の資金にアクセスできるようになります。

 

コインベース・カストディ・トラストのCEO、Sam McIngvale(サム・マッキンベール)氏は、「OTCデスクを立ち上げて以来、カストディの顧客はこれを要求してきました。これが事実上の標準取引方法になると思います」と語っています。

 

コインベースは、昨年5月に最初に法人向けカストディサービスを開始しました。また、コインベースは13日(水)にメインプラットフォーム上のユーザーアカウントを同社ウォレットアプリとリンクさせるサービスを発表しました。これにより、メインアカウントからウォレットアプリに仮想通貨を迅速に転送可能になります。

 

この記事の翻訳元

Coinbase Completes First OTC Crypto Trade Directly From ‘Cold’ Storage – CoinDesk

Pocket

関連記事