ニュース

日本最大の銀行が暗号通貨を開発する予定はない

Pocket

いくつかの暗号通貨ニュース媒体が、日本最大の銀行であるみずほ銀行やその他何十という数の銀行がブロックチェーン製品を開発していると報じました。しかし、Quartzによれば、これらの報道は極めて誤ったものだそうです。J-Coinは概して暗号通貨とは関係ないどころか、ブロックチェーンとも関係はありません。

 

J-Coinは暗号通貨とは全く違う

ブロックチェーン製品と違い、J-Coinは日本経済を近代化させようとする取り組みです。日本で行われる取引の5つのうちおよそ4つが現金で行われ、電子決済の普及において世界の他の地域よりもかなり遅れている状態です。中国の近くでは、テンセントのWePayという QRコードを基礎とするシステムが、ユーザーの銀行口座とつながって迅速な商品への支払を可能にし、とても広く使われています。しかし、AliPayは中でも最も普及しており中国の10億人の人口のうち7億人以上をユーザーとして抱えています。

 

日本における電子決済の普及率の低さの原因はいくつかあります。まず、マイナス金利や低金利のために、日本人は現金をため込むようになりました。次に、日本は犯罪率が世界で最も低い地域の一つであり、人々は安心して現金を持ち歩くことができます。そして、日本の人口の年齢はどこよりも高く、日本の平均年齢47歳よりも高い平均年齢の国はモナコしかありません。電子決済やスマートフォンは若い人々の間でより一般的なものです。

 

電子決済を推進するための取り組みに過ぎない

日本政府は来年東京で開催される夏のオリンピックに向けた準備として、経済の近代化に興味を持っています。政府は銀行や販売業者に対してこの取り組みを援助するよう働きかけています。

 

しかし、円を基盤とするステーブルコインは日本の大手銀行から発行されるでしょうか?そのようなことは起こりません。

 

暗号通貨業界で頻繁に起こるように、狂信者がちょっとした情報を真に受けて興奮していただけです。みずほの代表者が主要メディアに出した声明は役に立たなかったことでしょう。あるケースでは、銀行がCNBCに対して公式に、円と結びついたデジタル通貨プラットフォームの可能性を語りました。我々はデジタル通貨プラットフォームと聞くと、ブロックチェーンを思い浮かべてしまうものです。

 

ただ、銀行はブロックチェーン商品やステーブルコインを開発するとは一度も言っていません。デジタル決済ネットワークを開発すると言ったのです。結果的にそれはJ-Coinのことでした。Samsung Pay、Apple Pay、Android Pay、AliPay、WePay、ペイとつく何もかもに対する自国の回答です。アイデアは変わりません――依然として従来型の銀行が支払いを動かし、仲介役が利便性に対する手数料を抜いていきます。

 

暗号通貨はお金の移動に対して常に最も効果的な対策ではありません。時々。必要とされているのはより迅速で機敏に反応する台帳システムだけであったりもします。中央集権型のコインは、暗号通貨ファンの怒りを買う一方で、確かに活躍の場を持っています。例えばJPMコインの機能は、国境を超えて内部的にお金を移動させることにあります。銀行の貯蓄を軽視することはできず、希望はバイナンスの評価額が正しいことです――結果的に暗号通貨への関心がより集まるでしょう。

 

この記事の翻訳元

Fake News: Japan’s Largest Bank isn’t Launching a Cryptocurrency

Pocket

関連記事