ニュース

【UNICEF】キルギスタンの「すべての学校」のインターネットを改善するためにブロックチェーン技術を導入

Pocket

UNICEF(ユニセフ)はキルギスタン政府と協議し、ブロックチェーン技術を活用して国内のすべての学校にインターネットアクセスを提供する予定です。

 

「このプロジェクトをどうやってブロックチェーンを活用するのがまだ模索中ですが、でも、キルギスタン政府はUNICEFや民間企業と協力し、すべての学校をインターネットを接続し、学生たちに情報収集できる環境を提供する予定です」とUNICEFキルギスタンの副代表、Munir Mammadzade(ムニル・ママザード)氏が語りました。

 

プロジェクトの一環として、UNICEFは1,500以上のキルギスタンの学校のインターネットの接続を改善しるために、ブロックチェーン技術を使用し、接続レベルを監視します。

 

現在、このプロジェクトはすでに世界中15万個以上の学校のインターネット接続をしていて、その中で1,560個の学校がキルギスタンにあり、その内の半数近くがインターネットに接続できません。

 

「ブロックチェーンは学校やその他の重要施設におけるインターネット品質の監視の改善にも役立ち、会計、管理および監視として、分散型台帳テクノロジーのポテンシャルを感じています。」とUNICEF VENTURES のリーダー、Chris Fabian(クリス・ファービアン)氏が強調しました。

 

この記事の翻訳元

UNICEF Explores Blockchain to Improve Internet for ‘Every School’ in Kyrgyzstan

Pocket

関連記事