ニュース

【スターバックス】ビットコイン戦略の詳細を発表

Pocket

STARBUCKS:暗号通貨を現金に両替します

同社はThe Next Webに、暗号通貨を直接受け入れるのではなく、顧客がビットコインやその他の資産を法定通貨に両替し、店舗でも使用可能の方法をさらに増やすと語りました。

 

実際にビットコインの承認はこれまで以上に複雑になっています。ライトニングネットワークを使用するのであれば、別の話になりますが、Bitcoin Coreのサポーターは皆、コーヒーを購入する様な日常的な小規模決済にビットコインで支払うことを避けています。

 

一方、ビットコインキャッシュは、まさにこの手の取引を望んでいます。しかし、ビットコインキャッシュはギフトカードやスターバックスのアプリの代わりに実行されていません。Bakktとパートナーシップをすることによって、支払いオプションを増やします。

 

海外からの旅行者には最適かもしれません。スターバックスを始め、国際的な加盟店で毎日の支払いのためにあなたの資金を自宅から即時で両替することができるでしょう。

 

スターバックスで、利用者が自身の暗号通貨を法定通貨に両替する事と、暗号通貨で直接支払いする事は同じでは有りません。

他のブロックチェーンでもほぼ間違いなく処理できますが、ユーザーが必要とするかどうかが問題になります。Expediaのような大手企業はビットコインによる支払いを中止しており、スターバックスもそれが必要かどうかを検討する必要があります。

 

Bakktとはニューヨーク証券取引所(NYSE)の親会社であるインターコンチネンタル取引所(ICE)が設立した新事業であり、ビットコイン先物取引や仮想通貨の購入、販売、保管、使用などを行うことができるプラットフォームを提供しています。

 

この記事の翻訳元

Starbucks Unveils Key Detail about its Secretive Bitcoin Strategy

Pocket

関連記事